岡本章生

日本のバンドマスター、トランペット奏者 (1942-)

岡本 章生(おかもと あきお、1942年11月8日 - )は、日本トランペット奏者。日本の5大ビッグバンドであるゲイスターズのリーダー。

岡本 章生
生誕 (1942-11-08) 1942年11月8日(78歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府
ジャンル ジャズ歌謡曲
職業 バンドリーダートランペッター
活動期間 1961年 - 現在
公式サイト Akio Okamoto official web-site

人物編集

昭和17年(1942年)11月8日京都府生まれ。

18歳で上京。長谷川 武とジョリージョーカーズを皮切りに木谷二郎とブルーソックス、スマイリー小原とスカイライナーズ、そしてゲイスターズトランペッターとして入団。

日本の代表的ビッグバンドであるゲイスターズ戦後間もない昭和24年(1949年)初代リーダーの多忠修により結成された。初期の頃にはフランキー堺秋吉敏子など多くの人気アーティストやスタープレイヤーが顔を連ね、スウィングバンドの本流としてジャズ界の称賛を浴びた。

昭和47年(1972年)から現在の岡本章生が7代目のリーダーとなり、テレビラジオ番組をはじめ幅広い活動を繰り広げるようになる。主なところではTBSの「8時だよ全員集合」のレギュラーを14年間務め、延べ2800人もの歌手のバックを務めた他、数多くの番組に出演している。

ディスコグラフィ編集

  • 『ブルージーンと皮ジャンパー』(トランペットソロアルバム) 1970年
  • 『Ⅰleft my heart in san francisco (想い出のサンフランシスコ)』1982年
  • 『The eight seasons (八季)』1981年
  • 『G.S』1982年
  • 『新グレンミラー物語』(strawberry dance band)1990年

演奏スタイル編集

ゲイスターズは主なレパートリーとして、ハリージェイムス、レイアンソニー、グレンミラーと言った白人スウィングジャズを得意としており、テレビ出演の傍ら精力的に演奏活動をおこなっている。岡本章生のトランペットソロは哀愁漂うサウンドで、スウィングジャズ黄金期の名曲を見事に吹ききる。彼は演奏家としての素質に加え、眉目秀麗であり当時のミュージシャンの中でもひときわ華があった。 全員集合での加藤茶ギャグ「ちょっとだけよ」のバックで流れていた「タブー」も彼の演奏だ。

出演番組編集

ほか

外部リンク編集