岡本 綾(おかもと あや、1982年12月9日 - )は、日本の元女優東京都出身、福島県育ち。

おかもと あや
岡本 綾
本名 岡本 綾
生年月日 (1982-12-09) 1982年12月9日(35歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1991年 - 2007年
主な作品
テレビドラマ
オードリー
いま、会いにゆきます
映画
学校の怪談

目次

来歴編集

東京都生まれだが、父親を不慮の事故で亡くして以降、小学校の後半から中学校卒業までは母親の実家がある福島県いわき市で過ごす。中学時代は放送部の副部長を務めた。

1991年、『陽炎』で映画初出演。1995年の映画『学校の怪談』においてヒロインを演じ、一躍注目される。1997年の映画『いちご同盟』でもヒロインを演じた。

2000年NHK連続テレビ小説オードリー』で連続テレビドラマ初主演。撮影に専念するため、その間は高校を休学して臨み、映画に情熱を持ちはじめ、やがて映画制作のエキスパートとして活躍するヒロインの女性を演じた。2002年、『おぎゃあ。』で映画初主演。

2004年9月をもって所属事務所をデップからテンカラットに移籍(系列会社内での異動)。2004年の映画『ムーンライト・ジェリーフィッシュ』、2005年の映画『メタセコイヤの木の下で』、2006年の映画『地下鉄(メトロ)に乗って』、2007年の映画『天国は待ってくれる』にヒロイン役で出演。

2007年5月に、「女優として内から引き出すものが無くなり、表現者としての限界を感じています。一度、自分自身を見つめ直す時間がほしい」として、所属事務所テンカラットを退社し、芸能活動を無期限休養した[1][2]

出演作品編集

映画編集

ドラマ編集

連続ドラマ編集

ゲスト出演編集

単発ドラマ編集

吹き替え編集

舞台編集

CM編集

PV編集

写真集編集

DVD編集

脚注編集

外部リンク編集