メインメニューを開く
本来の表記は「岡村畯児」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

岡村 畯児(おかむら しゅんじ、1885年明治18年)5月13日[1] - 1943年昭和18年)6月4日[1])は、日本陸軍法務官。最終階級は陸軍法務中将軍法の権威として知られた。

岡村 畯児
生誕 1885年5月13日
高知県 幡多郡平田村
死没 (1943-06-04) 1943年6月4日(58歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 19?? - 1943
最終階級 陸軍法務少将(死後中将に昇進)
テンプレートを表示

経歴編集

1885年(明治18年)5月、高知県幡多郡平田村(現在の宿毛市)に生まれた。海南中学校卒を経て、東京帝国大学法学部を卒業。

第2師団法官部理事、陸軍法務官近衛師団軍法会議法務官、兼憲兵練習所教官、兼法務部司法事務官、関東軍軍法会議法務官、陸軍法務官、兼陸軍司法事務官、兼陸軍監獄長、朝鮮軍軍法会議法務官、朝鮮軍法務部部長、兼第24師団法務部長、朝鮮衛戍刑務所所長などを歴任。

1942年(昭和17年)4月、陸軍法務少将に昇進し、南方軍法務部長に就任[1][2]。翌年6月に現職で死去し、同日付で陸軍法務中将に進んだ[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『日本陸軍将官辞典』173頁。
  2. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』556頁。

参考資料編集

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。