メインメニューを開く

岡村 多希子(おかむら たきこ、1939年昭和14年) - )は、ポルトガル語・文学研究者、東京外国語大学名誉教授。

人物編集

東京府出身。旧姓は松尾。東京外国語大学ポルトガル・ブラジル学科卒。2003年平成15年)まで東京外国語大学教授。ヴェンセスラウ・デ・モラエスを研究、翻訳した。

著書編集

  • モラエスの旅 ポルトガル文人外交官の生涯』彩流社、2000年
  • モラエス サウダーデの旅人 モラエス会 2008.7

翻訳編集

  • 『南蛮文化渡来記—日本に与えたポルトガルの衝撃』アルマンド・マルティンズ・ジャネイラ、松尾多希子訳、サイマル出版会、1971年
  • 『ウズ・ルジアダス ルシタニアの人びと』 ルイス・デ・カモンイス 小林英夫池上岑夫共訳 岩波書店 1978.10
  • 『東洋遍歴記』メンデス・ピント、平凡社、1979-1980年
  • 『方舟』ミゲル・トルガ、彩流社、1984年
  • 『ポルトガル短篇選集』アルヴァロ・サレマ編、彩流社、1988年
  • 『十六・七世紀イエズス会日本報告集 第4-5巻』家入敏光共訳、同朋舎、1988年
  • 『おヨネとコハル』モラエス、彩流社、1989年
  • 『ポルトガル日本交流史』マヌエラ・アルヴァレス・ジョゼ・アルヴァレス、金七紀男・大野隆雄共訳、1992年
  • 『モラエスの絵葉書書簡』石川良彦共訳、彩流社、1994年
  • 『日本精神』ヴェンセスラウ・デ・モラエス、彩流社、1996年
  • 『ポルトガルの友へ モラエスの手紙』彩流社、1997年
  • 『モラエスの日本随想記 徳島の盆踊り』講談社、1998年
  • 『リカルド・レイスの死の年』ジョゼ・サラマーゴ、彩流社、2002年
  • 『生きている、ただそれだけで美しい』アウグスト・クリ、アーティストハウスパブリッシャー、2003年