岡村文子

1898-1976, 女優。

岡村 文子(おかむら ふみこ、1898年10月24日[1] - 1976年8月15日)は長野県出身の女優。

おかむら ふみこ
岡村 文子
岡村 文子
1919年
本名 岡村 ふみ[1]
生年月日 (1898-10-24) 1898年10月24日
没年月日 (1976-08-15) 1976年8月15日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本長野県上高井郡川田村大字和田(現在の同県長野市
職業 女優
ジャンル 歌劇劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1917年 - 1973年
主な作品
愛染かつら
テンプレートを表示

経歴・人物 編集

長野市立鍋屋田尋常高等小学校(現在の長野市立鍋屋田小学校)、長野県立長野高等女学校(現在の長野県長野西高等学校[1]卒業後上京。芸術愛好家の伯爵家に行儀見習いに行ったのが縁で女優の道を歩み始めた。

1917年浅草オペラに入り、『天国と地獄』で初舞台を踏む。その後原信子歌劇団から新星歌舞劇団を経て、1921年松竹蒲田撮影所に入社し、『悪魔の崖』で映画デビューした[1]。再び浅草オペラに戻り、1924年東亜キネマ甲陽撮影所に入る。

1925年、松竹蒲田撮影所に戻り、『若き女の死』で助演したほか、『裸騒動記』などの喜劇映画で活躍した。1927年に準幹部に昇進する。以後小津安二郎監督の『女房紛失』などの蒲田ナンセンス喜劇作品には欠かせない女優となった。1930年に退社するが、1936年松竹大船撮影所に復帰[1]1939年に幹部に昇格、飯田蝶子吉川満子と並ぶ名脇役として活躍した。特に『愛染かつら』では田中絹代演じる主人公・高石かつ枝をイビる看護婦長を好演、同役は『新愛染かつら』『愛染かつら』(1954年版)でも演じており、彼女の当たり役となった。1944年9月に「松竹大船連」として、京都座の時局笑篇『プロペラ一家』に大山健二と共に舞台実演している。

 
風の中の牝雞」(1948年)

戦後も松竹映画で存在感を示した。1951年から大映と優先契約を結び[1]、大映、東宝、新東宝などの映画に出演。1958年フリーになり[1]、1963年の時点では第一教団に所属[2]。老け役で親しまれた。1973年に引退した。

松竹大船撮影所時代では、後輩俳優から先生と呼ばれる存在だった。

鎌倉に居住しており、長谷に住んでいたという。

1976年死去。享年77。

出演作品 編集

映画 編集

 
1928年
  • お坊ちゃん(1926年、松竹) - ライオンお百
  • 人間愛(1926年、松竹)
  • 女房礼讃(1926年、松竹)
  • 裸騒動記(1926年、松竹)
  • 裸女(1926年、松竹)
  • 寄宿舎の南京虫(1927年、松竹)
  • 九官鳥(1927年、松竹) - ダンスの師ミカド友子
  • 新婚者教育(1927年、松竹) - 友達敏子
  • 恋を拾った男(1927年、松竹) - 弥生
  • 哀愁の湖(1927年、松竹)
  • 浮気征伐(1928年、松竹)
  • 射的屋の娘(1928年、松竹)
  • 海に叫ぶ女(1928年、松竹) - カフェーの女給
  • 女の一生(1928年、松竹) - 武夫の情婦あい子
  • 混線七人組(1928年、松竹)
  • 妻君廃業(1928年、松竹)
  • ボーナス(1928年、松竹)
  • 拾った花嫁(1928年、松竹) - 拾った花嫁お国
  • 女房紛失(1928年、松竹) - 由美子
  • 森の鍛冶屋(1929年、松竹) - 島田かほる
 
岡村(左)と河原侃二森の鍛冶屋フランス語版」(1929)

テレビドラマ 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画人大鑑』キネマ旬報社、1959年、77頁。 
  2. ^ 『タレント名鑑NO2』芸能春秋社、1963年、199頁。