メインメニューを開く

岡 正芳(おか まさよし、1914年10月23日[1] - )は、日本政治運動家。元日本共産党中央委員会幹部会副委員長。

来歴編集

佐賀県小城郡三日月村(現小城市)出身。旧制第五高等学校を経て東京帝国大学哲学科に進んだ。東大在学中から無産運動に入った。日本共産党に入党。中央委員、書記局員、政策委員会責任者、常任幹部会員、幹部会副委員長等を歴任し、のち名誉幹部会委員を務めた。

党内では理論・政策分野の専門家としての評価が高く、新聞記者たちからは“綱領の番人”と評された、という[2][3]

1967年3月に論文「『地域開発』反対政策の位置づけについて」[4]を発表。これが同党の政策活動や大衆運動対応の画期となったとの見方がある[5][6]

著書に『憲法について』(日本共産党出版部、1946年3月25日)、『日本革命と理論闘争』(新日本出版社、1966年)などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本共産党本部―ここで何が行なわれているか』全貌社、1967年
  2. ^ 岩垂弘 「もの書きを目指す人びとへ わが体験的マスコミ論」第2部 社会部記者の現場から 第53回 共産党幹部の素顔
  3. ^ 「名誉役員と顧問を承認 あらたに31氏 日本共産党第21回大会」1997年9月26日
  4. ^ 赤旗 1967年3月5日付
  5. ^ 不破哲三『日本共産党史を語る 上』新日本出版社、2006年11月、pp.282-283
  6. ^ 筆坂秀世宮崎学『日本共産党vs.部落解放同盟』 (モナド新書) にんげん出版、2010年10月、pp.80-82