岡沢 秀虎(おかざわ ひでとら、1902年5月13日 - 1973年3月8日)は、ロシア文学者、評論家。 山口県出身。豊浦中学早稲田大学露文科卒で、在学中は早大童話会に所属。1940年早大教授、46年復活した露文科の再建にあたる。スターリン体制の欠陥を指摘した。

著書編集

  • ソヴェートロシア文學理論 世界社 1930
  • 露西亜語四週間 大学書林 1931
  • 集団主義の文芸 青年書房 1940
  • ロシヤ語講座 初等・中等篇 時事通信社 1946
  • ソヴェート文芸思潮史 第1巻 北斗書院 1947
  • ソヴェート文学概論 東京堂 1947 (近代文庫)
  • 文学論 霞書房 1947
  • ロシヤ文学論攷 ツルゲーネフトルストイ・ドストエーフスキイ 改造社 1948
  • 文芸学原論 東京堂 1948
  • ロシヤ語入門 創芸新社 1956
  • 文芸学原理 学芸書房 1959
  • トルストイ研究 理想社 1963
  • ロシヤ十九世紀文学史 上下 早稲田大学出版部 1971-76

翻訳編集

  • 異教徒(ニゾヴオーイ) 百姓(ヤーコヴレフ 新興文学全集 平凡社 1930
  • 一月九日 ゴーリキイ全集 第3巻 改造社 1931
  • 親愛なる同志 ワヂム・コジエフニコフ 七星書院 1946 (現代ソ聯文学選)

参考編集

  • 日本人名大辞典