メインメニューを開く

岡 浩也(おか ひろや、1967年3月21日 - )は東京都出身[1]子役として活動した元俳優TBS系列で放送されたドラマケンちゃんシリーズ」の2代目ケンちゃんとして活動した。後年は子供のロックバンド「P.T.A.」のメインボーカル&ギターとしても活動していた。

10代後半で芸能界引退慶應義塾志木高等学校北里大学医学部卒業後、現在は医師(精神科医[2][3]

東京MXテレビ坂本知子アナウンサーが小学生時代、岡と同じ塾に通っていた。

目次

出演したケンちゃんシリーズ(全8作)編集

  • ケンにいちゃん」(1974年3月7日〜1975年2月27日)
    家はレストランを経営。宮脇康之が演じていたケンちゃんの弟であるケンジ役で初登場。
  • おそば屋ケンちゃん」(1975年3月6日〜1976年2月26日)
    「おゝもり庵」というおそば屋さんを経営する家が舞台。
  • フルーツケンちゃん」(1976年3月4日〜1977年2月24日)
    「フルーツパーラー山本」が舞台。宮脇康之はこの作品でケンちゃんシリーズを引退。
  • パン屋のケンちゃん」(1977年3月3日〜1978年2月23日)
    「ラビットベーカリー」が舞台。この作品からケンイチ役となる。
  • スポーツケンちゃん」(1978年3月2日〜1979年2月22日)
    スポーツ用品店が舞台。
  • カレー屋ケンちゃん」(1979年3月1日〜1980年2月29日)
    「カレーショップ・ヤマシタ」が舞台。
  • ケンちゃんチャコちゃん」(1980年3月6日〜1981年2月26日放送)
    「ファミリーらーめん」というラーメン屋が舞台。
  • なかよしケンちゃん」(1981年3月5日〜1982年2月25日放送)
    スパゲッティ屋が舞台。ケンイチは中学生となり、この作品を最後にケンちゃんシリーズを引退した。尚、この作品の途中で岡は声変わりをしている。

ケンちゃんシリーズ出演中のエピソード編集

岡がケンちゃんシリーズに出演していたのは7歳から15歳にかけてで、学年に置き換えると小学1年から中学3年にかけてであるが、演じていたケンジ及びケンイチは、岡の実年齢より2学年下に設定されており、初登場の「ケンにいちゃん」では幼稚園の年長で、最後の出演作の「なかよしケンちゃん」では中学1年生であった。

岡がケンちゃんシリーズに出演していた期間は、半ズボンの全盛期と言える時代であり、ケンちゃんも劇中で小学校を卒業するまでは一年中半ズボンを穿いていた。岡本人は「カレー屋ケンちゃん」の出演中に小学校を卒業し中学生になっていたが、次作の「ケンちゃんチャコちゃん」までは劇中で小学生であったため、半ズボンで番組に出演していた。

その他の出演作品編集

音楽編集

  • 「P.T.A.」メインボーカル&ギター(いずれもフィリップス・レコードから発売)
    • 「塾じゅくロックンロール」
    • 「あの娘にDON!DON!」

CM編集

医療活動編集

精神科医として活動。

  • 1994年(平成6年) 北里大学医学部 卒業
  • 2005年(平成17年) 日本電気玉川事業所健康管理センター精神科医師
  • 2005年(平成17年) 東京女子医大神経精神科非常勤講師
  • 2008年(平成20年) 精神神経学会専門医 取得
  • 2009年(平成21年) 日本医師会認定産業医 取得
  • 現在 東京女子医大神経精神科非常勤講師、武蔵小杉Jこころのクリニック院長

出典・脚注編集