メインメニューを開く

岡田 侑大(おかだ ゆうた、1998年6月10日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。京都府出身、ポジションはPG/SG。身長189cm、体重80kg。 日本のB1リーグのシーホース三河に所属している。背番号2

岡田 侑大
YUTA OKADA
[[ファイル:
岡田侑大 川崎戦
|230px]]
シーホース三河
シーホース三河  No.2
ポジション PG / SG
背番号 2
身長 189cm (6 ft 3 in)
体重 80kg (176 lb)
血液型 ?型
足のサイズ 27.5cm
基本情報
本名 岡田侑大
愛称 プリンス、おかぴー
ラテン文字 YUTA OKADA
日本語 岡田侑大
誕生日 (1998-06-10) 1998年6月10日(21歳)
日本の旗 日本
出身地 京都府[[]]
出身 東山高校
ドラフト  
選手経歴
2018- シーホース三河
受賞歴
  • 新人賞 2018-19

関東大学バスケ1部に属する拓殖大学を中退し、20歳でプロ契約した選手。独特の間合いで相手の逆を取り抜け出すドライブ、中長距離の正確なシュートを持ち、将来の代表を目指し得る日本人選手。

来歴編集

バスケットボール選手だった父と兄の影響で、小学校2年生の時にバスケを始める。当初は掛け持ちしていた野球が中心の生活で、バスケは遊び感覚でプレーしていたが、4年生の時に肩をけがした影響で野球を辞め、バスケ1本に絞った。進学した地元の中学校は部員の数が少なく、5対5をやるのにも苦労した。

地元京都の東山高校に進むと、岡田のバスケットボールセンスが開花。東山は攻撃的なバスケットを掲げるチームであり、特にハーフコートオフェンスにこだわりを持つ。岡田のプレーは東山のスタイルにはまり、バスケットボールについての知識も飛躍的に増えていった。 2年時、東山は全国でも屈指の強豪である洛南高校に初めて勝利し、地元の京都で開催されたインターハイでベスト4。翌年は主将としてチームを率い、ウィンターカップで準優勝を達成。得点王にも輝いたが、決勝はあと一歩のところで福岡第一高校に敗れた。

関東大学リーグ1部の拓殖大学に進学すると、1年時から試合に出場してチームの関東大学リーグ制覇に貢献。インカレでは4連覇を目前にした筑波大学と準決勝で対戦。岡田自身もスタメンで40分フルで出場。21得点に加え、筑波大キャプテンの青木をファウルアウトに追い込むなど活躍を見せた。

大学レベルのフィジカルにも適応し、2年目に入って得点力はさらに増していた。新人戦では準決勝で優勝大本命の東海大学と激突。圧倒的な選手層を誇る東海大学相手に苦戦するも見事勝利。決勝でもホームで勢いに乗る日本体育大学を撃破。見事26年ぶりの優勝に導いた。岡田自身も優秀選手賞を獲得。続くリーグ戦でも拓殖大の活躍が期待されていた。しかし、リーグ戦の直前に、岡田と双璧となっていた外国人選手がアメリカ行きを決めて退部。リーグ戦ではやはり苦戦が続く。岡田自身もコンスタントに30点を出すなど奮闘するも中々勝ち星を掴めなかった。対白鴎大学戦では一人で58得点を挙げるなど周囲を驚かせるもその試合も勝つことはできなかった。その後、岡田は大学を中退。2018年11月、特別指定選手としてB1リーグの強豪、シーホース三河に入団した。

11月16日の名古屋D戦で初得点。

日本代表歴編集

経歴編集

記録編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
B1 2018-19 シーホース三河 40 20 21:03 .463 .407 .707 1.2 1.6 1.6 ? ? 10.3

受賞歴編集

国際大会
日本国内
  • Bリーグ
    • 新人賞(2018-19年)

出演編集

ラジオ編集

CM編集

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集