メインメニューを開く

岡田 光玉(おかだ こうたま、本名:岡田 良一 おかだ よしかず)は、宗教家、世界真光文明教団の初代教祖。

おかだ よしかず
岡田 良一
生誕 1901年2月27日
東京都青山
死没 1974年6月23日(73没)
東京都羽根木
死因 心臓衰弱
墓地 光神殿(岐阜県位山)
住居 東京都青山
愛知県名古屋市(少年期)
東京都市谷(青年期~)
東京都下馬(教団草創期~)
静岡県熱海市(真光期~)
国籍 日本
別名 光玉(こうたま)
聖玉(せいぎょく)
聖翁・聖凰(せいおう)
仲道(なかみち、ちゅうどう)
真光呂(まひかりろ)
龍道(りゅうどう)
救い主(すくいぬし)
出身校 白壁小学校(名古屋市)
第五中学校(名古屋市、熱田中学校→現・瑞陵高校)
陸軍士官学校(東京都)
職業 日本陸軍中佐
軍事機製造(主に飛行機)
行商
宗教家
宗教 出雲大社教
L.H陽光子友乃会
世界真光文明教団
配偶者 離婚
子供 岡田恵珠 (養女・本名 井上甲子)
岡田 稲三郎(父) 登美(母)

生涯編集

東京府青山生まれ。少年期は、6人姉弟の唯一の男子として育てられた。満15歳の時、父・岡田稲三郎陸軍主計監が死去。その遺言を守り陸軍士官学校(34期)に進学。近衛兵・供奉将校を経て、日中戦争では大本営第一鉄道輸送司令部課長として輸送業務に従事した。1945年、赴任先の仏領インドシナ脊椎カリエスを患い、「退院して3年の命」と中村博士より宣告され除隊。帰国し義父から受け継いだ財産で軍需工場を興すも、名古屋大空襲で全財産を失う。

戦後世界救世教に入信し、布教師として活動。埼玉県の和光布教所長を務めた[1]が、その後世界救世教を離れ、真の道教団にも出入りした。

1959年、神示により現在の真光教団の前身にあたる「L・H陽光子友乃会」を立教。同年、妻と離婚。親類縁者と絶縁状態になる。

1960年安保闘争では、岸内閣の意を受けた児玉誉士夫の要請に応じ、生長の家などと共に信者を「警官補助警備力」として動員した。

1962年1月1日、現界は『火の洗礼』に突入したと発表し、そのピーク(大峠)は20世紀と21世紀の交流する頃に来る、と警鐘を鳴らした[2]。翌年、教団名を世界真光文明教団に変更。

『火の洗礼』の前後にメシア(救世主)が現れると教義にあるが、神示に元付き『魁のメシア』という位置付けを教団内ではしていた。

世界真光文明教団関口榮(故人)の著作「手かざしの大奇跡」(トクマブックス)によると岡田は他の神道系教団(真の道)から「み霊伺い」として神事(天丈)による調査を受け、その際に「崇盟五道」「ヨスカ従道」という神の示しを与えられた。同書には掛け軸にされたこれらの神示の写真が掲載されており、御神示の現物は岐阜県高山市の光記念館に収蔵されている.

参院選全国区で矢田ワ一(1971年)、内田芳郎(1974年)を推薦、組織を挙げて応援したものの、何れも落選した。

1974年谷口雅春山岡荘八らと「日本を守る会」(後の日本会議)の創設に参画(真光誌400号)[3]。初期研修会では薬害を批判し、薬害問題追及で活躍していた高橋晄正を講演会に呼んだり、環境問題にも関心を示した。

1974年6月23日急逝する。満73歳であった。

最後の教示は神幽る10日前の重大神示≪ヨのみ霊の継承と飛騨高山に主神神殿を建立せよとの勅命≫で、「建立して天変地異を鎮められるが、時期をのばせたり止めたりはできない」「建立の必要性が、10年早まった」という内容である。

同年7月13日には日本武道館において世界各国や国内より信者(組み手)の代表が集まり、「聖凰真光大導主様みたまおくりの祭り」が1万数千人規模で行われた。この時、崇教局長であった関口榮が二代教え主に就任したと発表が行われた。[4]

思想編集

創世神・スの大神がムー大陸に作った最初の人類「五色人」の直系の子孫が日本人であり、日本は沈没したムー大陸の一部であるとした。世界創生から続く皇統が天皇家であり、神武天皇の前に数十代の天皇がいたとした。岡田の述べた天皇制は、ムー大陸の実在を主張したジェームズ・チャーチワードや超古代史を記した「竹内文書」の影響を受けている。このような極端な日本中心主義と、日本のもとで世界民族が共存するという、帝国イメージによる多民族共生・コスモポリタニズムを唱えた。[5]

金沢大学中村伸浩は、岡田光玉の国粋主義的言説には、「特有の諧謔とディタッチメント」があり、古代ピラミッドUFOノストラダムスといった、現代における超古代論オーディオ・ビジュアル文化的な発展の始祖的な存在となっていると述べている[6]。中村は、岡田の思想は、戦前の出口王仁三郎の帝国願望に匹敵する、現代日本の文明願望の表現であると理解でき、実際「霊文明」「新文明」という言葉がよく使われている、と論じた[7]

家系編集

先祖は尾張織田家であり、織田家から別れた一部が名を変え「岡田」姓を名乗っている。岡田良一は岡田家14代目だった。 そして、母方の先祖は徳川家出身であるため、良一は織田家・徳川家の血を受け継いでいることになる。

また、実子の跡継ぎがいない為、養女として「井上甲子(岡田恵珠)」をもらい、恵珠本人も跡継ぎがいないので、書家手島右卿を父とする「手島泰六(岡田光央)」を養子として迎え、現在の岡田家を存続させている。

参考文献編集

関連文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 世界救世教刊行物『岡田茂吉全集』著述篇第5巻付録8頁19行 - 9頁7行
  2. ^ 立教以来の御神示をまとめた『御聖言集』(1969年刊)では序文に「二十世紀人類の終末への警世の書」「人類文明の崩壊、終末、断絶の危機は目前」と記されている
  3. ^ このとき生長の家職員だった村上正邦は同会国事局長を務めている(真光誌279号)
  4. ^ 『真光』誌昭和49年9月号 巻頭カラーページ 「聖凰師 みたまおくりの祭り 人類の師よ永遠に」より。 『「二代様は関口さんにお願いしなさい」という、救い主様のご遺言により、ご神命を受けて立たれた関口二代様は、参集の神組み手に決意を表明された。』と書かれている。
  5. ^ 中村(1999),pp.183-185.
  6. ^ 中村(1999),p.194.
  7. ^ 中村(1999),pp.183-185.

関連項目編集