岡田 利兵衞(おかだ りへえ、1892年8月27日 - 1982年6月5日)は、国文学者。号は柿衞。現在の兵庫県伊丹市生まれ。聖心女子大学名誉教授。伊丹市名誉市民柿衞文庫設立者。逸翁美術館元館長[1]

経歴編集

江戸時代より続く酒造業を営む岡田家に生まれる。22代目当主として利兵衛を襲名。1918年京都帝国大学文科大学国文科卒業。梅花女子専門学校聖心女子大学教授、1963年定年、名誉教授

鳥類研究編集

1920年(大正9年)ごろから町長に就任する1935年(昭和10年)ごろにかけて、自宅庭に「岡田洋鳥研究所胡錦園」とする禽舎を設け、外国産鳥類の飼育と研究に熱中する。

山階芳麿らが創設した「鳥の会」に参加し、飼鳥展覧会の審査員や講演会の講師として活動する。その功績により昭和2年フランス馴化協会鳥類部よりメダルを授与される。その後、紫紺鳥の観察によりその区別を試み、瑠璃鳳凰(ルリホウオウ) の新種を発見し、昭和5年に発見者岡田の名を付して、山階によりProsteganura haagneri okadaiと命名された[2][3]

町長・市長編集

戦前に伊丹町長、戦後は伊丹市長を歴任し、戦後復興に尽力した。

1937年(昭和12年)10月伊丹町長に就任、1939年(昭和14年)7月退任。 町長時代には、日支事変のさなか出征兵士の見送り、軍人家族のための伊丹町軍人援護会の設置、戦死者の町葬執行などの政務に当たる。

1937年に町長室を訪問した俳人により、郷土伊丹の俳人上島鬼貫の短編を入手したことをきっかけに、俳諧関連資料収集を開始する。

1945年(昭和20年)12月17日、第4代市長に就任。1946年(昭和21年)11月26日退任、在任期間1年[4]

第二次世界大戦後の戦後混乱期に市長を務め、帰還兵士の出迎えや傷病兵士の見舞い、生活物資の確保などの政務に努める。神津町との合併交渉を進め、離任する直前の昭和21年11月に合併の仮調印式を行う。

市町退任後の昭和23年11月、小林聖心女子学園の聖堂で末娘彰子とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名はフランシス・トマ。翌1949年に自宅でミサを行い(現:「王たるキリストカトリック伊丹教会」)、1974年にはローマ教皇よりグレゴリオ・ナイト章を受ける[5]

俳文学編集

俳文学を専門とし、地元伊丹の俳人上島鬼貫をはじめとして、多くの俳人関連の資料を収集し、角川書店で『鬼貫全集』や『芭蕉の本 別冊』を刊行した。また春秋社で編著『芭蕉の筆蹟』を出している。

亡くなる直前に、多くの俳諧資料を集めた「財団法人柿衞文庫」を設立した。伊丹市では、同文庫と伊丹市立美術館との共同の建物を建設し、1984年に開館した。

家族編集

生物学者の岡田節人は息子、逸翁美術館館長の岡田彰子は娘、音楽史学者の岡田暁生は孫である。実家の建物は旧岡田家住宅として、国の重要文化財に指定されている(現在伊丹市が所有管理)。

号の由来編集

号の「柿衞」とは、柿を衞(まも)るの意味。大正10年5月23日に執筆された「江戸文学ト伊丹」と題する原稿が初見[6]

岡田家の中庭には樹齢350年を越える柿が植えられている。この柿のへたを下向きに置くと、低部に台があり、台の上に柿の実が乗っているように見えるので「台柿」と呼ばれる[7]

文政12年10月22日、頼山陽が伊丹の剣菱酒造を訪れた際、酒宴で岡田家の台柿がデザートに供された。その柿を賞味した頼山陽は詩文を記し、同行していた田能村竹田は柿の実を描いた両者合作の「柿記」が岡田家に伝えられた。岡田利兵衛の「柿衛」は、この柿台が由来となる。

1960年に岡田が入手した元禄7年(1694年)の『おくのほそ道』清書本は岡田の号から「柿衞本」と通称されている[8]

著書編集

  • 『俳人としての寿江女』岡田柿衛 山崎常治良 1942
  • 『俳画の世界』淡交新社 1966
  • 『芭蕉の風土』白川書院 国文叢書 1966
  • 『芭蕉の筆蹟』春秋社 1968
  • 『俳画の美 蕪村・月渓』豊書房 1973
  • 『俳人の書画美術 第5巻 蕪村』集英社 1978
  • 岡田利兵衛著作集』(全4巻、八木書店、1997年-1998年)
1巻 芭蕉の書と画
2巻 蕪村と俳画
3巻 西鶴近松・伊丹
4巻 鬼貫の世界

共編著・校注など編集

脚注編集

  1. ^ 没後220年 蕪 村-逸翁美術館・柿衞文庫にみる 逸翁美術館、平成15年9月13日
  2. ^ 柿衛文庫『岡田柿衛』、2012年、6頁
  3. ^ 山階芳麿「ルリホウワウの一新亞種に就て(第七図版附)(英文)」『鳥』第6巻第30号、日本鳥学会、1930年、 en113-en115_1、 doi:10.3838/jjo1915.6.30_en1132020年6月24日閲覧。
  4. ^ 『15年のあゆみ 市制15周年記念誌』伊丹市役所秘書課/編 1955、29頁
  5. ^ 伊丹教会について王たるキリストカトリック伊丹教会
  6. ^ 柿衛文庫『没後二十年 岡田柿衛』2003年、5頁
  7. ^ 柿衛文庫『岡田柿衛』2012年、2頁
  8. ^ 『奥の細道』の緒本芭蕉DB, 伊藤洋、山梨県立大学