岡田 可愛(おかだ かわい、1948年10月19日 - )は、日本の元女優。後にアパレル関係の仕事をしている[1]。本名・伊藤可愛。青蘭学院高等学校(現青稜高等学校)卒。

おかだ かわい
岡田 可愛
本名 伊藤可愛
生年月日 (1948-10-19) 1948年10月19日(72歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市生野区
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1960年代 -
配偶者 あり
著名な家族 岡田亮輔(息子)
公式サイト 岡田可愛オフィシャルブログ
主な作品
サインはV
青春とはなんだ
進め!青春
テンプレートを表示

来歴・人物編集

大阪市生野区に6人兄妹の末っ子として生まれる[1]。両親とも韓国[2]

名前は可愛いという意味ではなく「可愛」(愛される可し)、つまり多くの人に愛されるようにという意味で、父の友人である漢文の先生に名づけられた[1]

父親の事業の失敗などで小学校4年の大晦日に一家で東京・吉原へ移り住む。小学校6年の時に一番上の姉によって劇団日本児童へ入れられる(父が厳格で簡単に出掛けさせてくれなかったことから、妹の付き添いをするために外へ出たいという口実からされたことだった[1])。子役時代はオーディション合格率100パーセントだった。NHK教育テレビの生放送「マッチ売りの少女」がデビュー作。木下恵介監督作品のオーディションにも受かったが、北海道ロケで家を離れるのが嫌で断ったこともあった。1962年、中学2年の時に吉永小百合主演『キューポラのある街』(日活)で映画デビュー。本名の可愛をそのまま芸名とした。

東宝の社長シリーズに主演の森繁久彌の娘役として出演し、助監督だった松森健がテレビドラマ『青春とはなんだ』(日本テレビ)で監督デビューする際に女生徒役として推薦される。夏木陽介主演のこのドラマは大人気となり、お転婆で明るい女生徒・松井勝子を演じた岡田可愛も一躍お茶の間の人気者になる。結局、シリーズ化された青春学園シリーズに連続4作一度も休むことなく延べ132本に出演した。最後の『進め!青春』終了時には皆勤賞を貰っているが、著書『失敗なんて怖くない』によれば、実は、自立して生活していたため1回でも出演回がないと給料に響くため監督に頼み込んで無理やりシーンを作ってもらっていたという。

1969年、女子バレーボールを扱ったスポーツ根性ドラマ『サインはV』(TBS)の主役・朝丘ユミに抜擢される。この作品はあらゆる層から支持される国民的人気ドラマとなり、人気を不動のものにする。その後も数多くのテレビドラマ、映画に出演していたが、結婚して子供が生まれたのを機に女優業を休止し、子供服を中心とした婦人服のアパレル業「キッズエンジェル」についている[1]。休業中もとんねるずの番組などにゲスト出演することもあった。

現在、QVCなどで婦人用アパレルや豆乳おからクッキーなどを販売している。俳優の岡田亮輔は実の息子である。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

その他の番組編集

CM編集

オーディオ・コメンタリー編集

  • DVD『ニュージーランドの若大将』(2006年3月東宝発売)
藤岡琢也と一緒に出演。加山雄三松本めぐみのことから自身のデビュー時から青春学園シリーズ、『サインはV』の頃のことなども語っている。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
キングレコード
1968年 EP BS-859 A 涙こらえて 岩谷時子 いずみたく
B あなただけに
1968年12月 EP BS-932 A 悲しきカナリヤ[注釈 1] 岩谷時子 いずみたく 親泊正昇
B 恋のめざめ 山上路夫 親泊正昇 渋谷毅
ビクター音楽産業
1970年6月1日 EP SV-2038 A わたし、癖になってしまったの なかにし礼 都倉俊一 大柿隆
B あなたが私なら
1970年11月1日 EP SV-2093 A 小さな日記 原田晴子 落合和徳 青木望
B 待っている少女 なかにし礼 井上忠夫 大柿隆
1971年4月1日 EP SV-2135 A 愛の日記 あきひろし 猪俣公章 船木謙一
B 孤独 荒木一郎
1971年11月1日 EP SV-2201 A 青い海 島津ゆう子 夏木ジロー 田辺信一
B 窓辺で 井上たかし
1972年8月1日 EP SV-2281 A Tomorrow なかにし礼 三保敬太郎 青木望
B 明日へ飛び出せ
1973年12月1日 EP SV-2309 A 忘れたはずの愛 峰新也 青木望
B つくり話 北山修 井上かつお

アルバム編集

発売日 規格 規格品番 アルバム
ビクター音楽産業
1971年 LP SJX-66 小さな日記

Side:A

  1. 小さな日記
  2. つくり話
  3. 遠くへ行きたい
  4. 白いブランコ
  5. 初恋の人に似ている
  6. 星に祈りを

Side:B

  1. 愛の日記
  2. 花と小父さん
  3. 悲しくてやりきれない
  4. 見あげてごらん夜の星を
  5. 空よ
  6. 孤独

著書編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 日本テレビ系「進め!青春」挿入歌。

出典編集

  1. ^ a b c d e サンデー毎日 2016年2月14日号「『昭和のテレビ』第21回・スポ根編 柔道一直線サインはV」p.124 - 126
  2. ^ 金一勉『朝鮮人がなぜ「日本名」を名のるのか 民族意識と差別』三一書房、1978年5月15日 第1版第1刷発行、148頁。「両親が韓国人というのは本当よ。両親にはよく電話をかけるの。日本人だって、韓国人だって、どっちでもいいでしょ。騒ぐほうがおかしいわよ。早くお金を貯めて両親と一緒に住みたいわ」とあっさりと言ってのけた。

外部リンク編集