メインメニューを開く

岡田 守雄(おかだ もりお、1937年1月12日 - )は、和歌山県新宮市[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

岡田 守雄
Morio Okada 1955 Scan10014.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県新宮市
生年月日 (1937-01-12) 1937年1月12日(82歳)
没年月日 1999年
身長
体重
174 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

新宮高校では1年生の時、三塁手として1952年夏の甲子園に出場。2回戦に進むが芦屋高植村義信に完封を喫する。2年上のチームメートに中堅手川崎啓之介がいた。3年生時には遊撃手に回り、1954年夏の甲子園に2年ぶりに出場。1年下のエース前岡勤也を擁し準決勝まで勝ち進むが、中京商中山俊丈に抑えられ惜敗[1]

1955年毎日オリオンズへ入団[1]。前年に引退した北村正司の後継遊撃手を有町昌昭と争い、シーズン後半には有町の故障もあって定位置を獲得する。しかし翌1956年には葛城隆雄が台頭し、出場機会が減少。

1957年オフに大洋ホエールズへ移籍。1958年は7月から遊撃手として芝野忠男と併用され、59試合に先発出場。翌1959年麻生実男が入団し、レギュラー遊撃手の座を獲得したこともあり、同年限りで引退した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 毎日 88 216 203 13 36 8 2 0 48 6 4 1 6 2 4 0 1 26 4 .177 .197 .236 .434
1956 41 88 82 7 22 1 1 0 25 4 0 0 0 0 5 0 1 7 4 .268 .318 .305 .623
1957 23 34 32 2 6 1 1 0 9 0 1 0 0 0 2 0 0 5 1 .188 .235 .281 .517
1958 大洋 80 215 203 17 46 12 5 1 71 21 2 2 4 1 7 0 0 35 4 .227 .252 .350 .602
1959 27 39 37 3 5 0 0 0 5 4 0 0 1 0 1 0 0 8 2 .135 .158 .135 .293
通算:5年 259 592 557 42 115 22 9 1 158 35 7 3 11 3 19 0 2 81 15 .206 .235 .284 .519

背番号編集

  • 6 (1955年 - 1957年)
  • 27 (1958年 - 1959年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、116ページ