メインメニューを開く

岡田 幸喜(おかだ ゆきよし、1942年11月5日 - )は、熊本県[1]出身の元プロ野球選手

岡田 幸喜
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1942-11-05) 1942年11月5日(77歳)
身長
体重
175 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1962年
初出場 1965年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1978 - 1981)

経歴編集

鎮西高校では好守好打の三塁手として知られた[1]1961年夏の甲子園予選中九州大会準決勝に進むが、エース門岡信行を擁する高田高に完封負けを喫する。

1962年阪急ブレーブスへ入団し、強肩を活かして捕手へと転向した[1]1965年に一軍に上がり5試合に先発マスクを被る。しかし正捕手の岡村浩二の壁を破れず、二軍では強打の捕手として活躍するも、一軍では出場機会に恵まれなかった[1]

1969年読売ジャイアンツとの日本シリーズ第4戦では岡村が4回裏に退場。その後は中沢伸二がマスクを被っていたが、代打が出た関係で岡田が8回からマスクを被ることになった。その回に岡田は岡村退場の報復としてサイン違いを装って投手からの投球をわざと捕球せず、岡田功球審を投球の的にするという危険行為に出た。この行為は相手監督の川上哲治や翌日の朝日新聞の朝刊などで批判された[2][3]

1970年は岡村の故障欠場もあって25試合に先発出場。1972年に岡村が東映フライヤーズへ移籍し、岡村とのトレードで入団した種茂雅之の控えとなるが、同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズは3試合に出場している。1973年には種茂と正捕手を争い60試合に先発マスクを被る。しかし翌1974年には中沢伸二が台頭し出場機会が減少。1976年限りで現役引退[1]

1978年から1981年まで阪急で二軍コーチを務める。コーチ退任後は同球団のスコアラーを2002年まで務め[1]、球団合併後も球団職員として活動した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1965 阪急 22 16 14 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .143 .250 .143 .393
1966 6 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1967 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1968 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1969 18 11 10 1 3 1 0 1 7 1 0 0 0 0 1 0 0 3 1 .300 .364 .700 1.064
1970 60 95 82 4 10 0 0 1 13 5 1 0 1 3 9 0 0 16 1 .122 .209 .159 .367
1971 42 43 36 8 9 0 0 2 15 7 0 0 0 0 6 1 1 10 1 .250 .372 .417 .789
1972 34 58 51 5 13 4 0 2 23 6 0 0 0 0 7 1 0 7 0 .255 .345 .451 .796
1973 83 203 177 21 43 7 0 6 68 23 0 1 1 4 21 2 0 28 5 .243 .323 .384 .707
1974 7 6 3 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 3 0 0 1 0 .333 .667 1.333 2.000
通算:10年 275 435 376 41 81 12 0 13 132 43 1 1 2 7 49 4 1 70 8 .215 .303 .351 .654

背番号編集

  • 47 (1962年 - 1970年)
  • 23 (1971年 - 1976年)
  • 66 (1978年 - 1981年)
  • 122 (2006年 - 2008年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、117ページ
  2. ^ 朝日新聞縮刷版p.1001
  3. ^ 1969年11月3日付読売新聞

関連項目編集