メインメニューを開く

岡田 温(おかだ ならう、1902年明治35年)6月2日 - 2001年平成13年)4月26日)は、昭和期の図書館学者(図書館史)。第3代(最後)の帝国図書館長である。

おかだ ならう
岡田 温
生誕 (1902-06-02) 1902年6月2日
宮城県仙台市
死没 (2001-04-26) 2001年4月26日(98歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 図書館学者
著名な実績 帝国図書館長

経歴編集

宮城県仙台市出身。1928年(昭和3年)に東京帝国大学文学部社会学科を卒業後、帝国図書館に入る。当時、帝国図書館館長であった松本喜一から信任を受けて、後に司書の長である司書官に任じられた。

太平洋戦争終結直後の1945年(昭和20年)11月13日に松本が急死したため、1946年(昭和21年)5月13日に岡田が後任の帝国図書館長となる。だが、1947年(昭和22年)12月に帝国図書館は国立図書館と改称されて、将来的には新設の国立国会図書館と統合されることとなった。このため、岡田は最後の帝国図書館長となった。更に翌年には岡田自身が新設の国立国会図書館の受入整理局長に任じられた。1965年(昭和40年)に図書館短期大学学長に就任し、1969年(昭和44年)に東洋大学教授兼図書館長に就任し、1975年(昭和50年)に鶴見大学教授兼図書館長に就任(1980年まで)した。

人物編集

国立国会図書館『図書館研究シリーズ』中の論文で、「古来いずれの国でも愛書察蔵称といわれる人の数は多く、それ鞭書家達の集めたコレクションというものは、隅々まで心が配られ注意が行き届いていてまことに得難いものである。しかもこのような集書は、その1冊1冊を分離してしまえば、単独にはさしだる内容的価値も市場的価値も呼ばないものであるが、これを集大成した一つのコレクションとして見るとき、そこに得難い価値が生ずるものである」、と述べている[1]

息子の岡田靖は図書館情報学者であり[2]鶴見大学名誉教授である。

著書編集

  • 中井正一・岡田温(編)『図書館年鑑』図書館資料社、1951年
  • 「旧上野図書館の収書方針とその蔵書」『図書館研究シリーズ』国立国会図書館、第5号、1961年
  • 出版事典編集委員会(編)『出版事典』出版ニュース社、1971年

脚注編集

  1. ^ 大沼宜規『国立国会図書館所蔵小杉文庫について』(2003年)。『参考書誌研究』46頁。NDL
  2. ^ 日本図書館文化史研究会『図書館人物事典』日外アソシエーツ、2017年、p.61

参考文献編集

  • 岡田温「斯くして国立国会図書館は生まれ出た」『国立国会図書館月報』329号、1988年8月
  • 岡田温先生喜寿記念会『岡田先生を囲んで』岡田温先生喜寿記念会、1979年
  • 岡田温先生卒寿記念会『百福自集』岡田温先生卒寿記念会、1992年
  • 日本図書館文化史研究会『図書館人物事典』日外アソシエーツ、2017年
  • 『図書館関係専門家事典』日外アソシエーツ、1984年 ISBN 978-4-8169-0337-3