岡田 温司(おかだ あつし、1954年12月 - )は、日本西洋美術史学者。京都大学名誉教授。京都精華大学教授。

経歴編集

広島県三原市出身。1978年京都大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒。1985年同大学院文学研究科博士課程中退、岡山大学助教授を経て、1991年京都大学大学院人間・環境学研究科教授。2020年定年退職、名誉教授。同年より京都精華大学芸術学部教授。

受賞歴編集

著書編集

単著編集

  • 『もうひとつのルネサンス』人文書院 1994/平凡社ライブラリー 2007
  • 『ルネサンスの美人論』人文書院 1997
  • 『ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問う』勁草書房 2000
  • 『モランディとその時代』人文書院 2003
  • マグダラのマリア エロスとアガペーの聖女』中公新書 2005[注 1]
  • 『「ヴィーナスの誕生」 視覚文化への招待』みすず書房〈理想の教室〉2006
  • 『芸術(アルス)と生政治(ビオス) 現代思想の問題圏』平凡社 2006
  • 処女懐胎 描かれた「奇跡」と「聖家族」』中公新書 2007
  • イタリア現代思想への招待』講談社選書メチエ 2008
  • フロイトのイタリア 旅・芸術・精神分析』平凡社 2008
  • 『肖像のエニグマ 新たなイメージ論に向けて』岩波書店 2008
  • 『キリストの身体 血と肉と愛の傷』中公新書 2009
  • 『半透明の美学』岩波書店 2010
  • グランドツアー 18世紀イタリアへの旅』岩波新書 2010
  • 『ジョルジョ・モランディ 人と芸術』平凡社新書 2011
  • 『アガンベン読解』平凡社 2011/増補版・平凡社ライブラリー 2021
  • 『デスマスク』岩波新書 2011
  • アダムイヴ 語り継がれる「中心の神話」』中公新書 2012
  • 『虹の西洋美術史ちくまプリマー新書 2012
  • 黙示録 イメージの源泉』岩波新書 2014
  • 『イタリアン・セオリー』中央公論新社〈中公叢書〉2014
  • 『イメージの根源へ 思考のイメージ論的転回』人文書院 2014
  • 『映画は絵画のように 静止・運動・時間』岩波書店 2015
  • 『天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔』中公新書 2016
  • 『映画とキリスト』みすず書房 2017
  • アガンベンの身振り』月曜社〈哲学への扉〉2018
  • 『映画と芸術と生と スクリーンのなかの画家たち』筑摩書房 2018
  • 『映画と黙示録』みすず書房 2019
  • 『イタリア芸術のプリズム 画家と作家と監督たち』平凡社 2020
  • 『西洋美術とレイシズム』ちくまプリマー新書 2020
  • ネオレアリズモ イタリアの戦後と映画』みすず書房 2022.5
  • 最後の審判 終末思想で読み解くキリスト教』中公新書 2022.7

共著編集

翻訳編集

  • ケネス・クラーク『ヒューマニズムの芸術』白水社 1987
  • ラウル・コルティ『ヴァザーリ京都書院〈カンティーニ美術叢書〉1995
  • ジョルジョ・アガンベン『スタンツェ 西洋文化における言葉とイメージ』ありな書房 1998/ちくま学芸文庫 2008
  • ロベルト・ロンギ (w:Roberto Longhi)『芸術論叢2』中央公論美術出版 1999
  • エルンスト・ゴンブリッチ『規範と形式 ルネサンス美術研究』水野千依共訳、中央公論美術出版 1999
  • ミシェル・テヴォー(fr:Michel Thévoz)『不実なる鏡 絵画・ラカン・精神病』青山勝共訳、人文書院 1999
  • マリオ・ペルニオーラ『エニグマ エジプト・バロック・千年終末』金井直共訳、ありな書房 1999
  • ヴィクトル・ストイキツァ (Victor Stoichita)『絵画の自意識 初期近代におけるタブローの誕生』松原知生共訳、ありな書房 2001
  • ツヴェタン・トドロフ『個の礼讃 ルネサンス期フランドルの肖像画』大塚直子共訳、白水社 2002
  • ジョルジョ・アガンベン『中味のない人間』岡部宗吉・多賀健太郎共訳、人文書院 2002
  • アレッサンドロ・コンティ (Alessandro Conti)『修復の鑑 交差する美学と歴史と思想』喜多村明里・水野千依・金井直・松原知生共訳、ありな書房 2002
  • アビ・ヴァールブルク『フィレンツェ市民文化における古典世界』上村清雄・伊藤博明共訳、ありな書房 2004
  • ジャン=リュック・ナンシー『肖像の眼差し』長友文史共訳、人文書院 2004
  • アガンベン『開かれ 人間と動物』多賀健太郎共訳、平凡社 2004/平凡社ライブラリー 2011
  • ヴァールブルク『フィレンツェ文化とフランドル文化の交流』伊藤博明・加藤哲弘共訳、ありな書房 2005
  • ジョナサン・クレーリー (Jonathan Crary)『知覚の宙吊り 注意、スペクタクル、近代文化』石谷治寛・大木美智子・橋本梓共訳、平凡社 2005、訳者代表
  • ヴァールブルク『ルネサンスの祝祭的生における古代と近代』伊藤博明・加藤哲弘共訳、ありな書房 2006
  • ロベルト・エスポジト『近代政治の脱構築 共同体・免疫・生政治』講談社選書メチエ 2009
  • フォスコ・マライーニ『随筆日本 イタリア人の見た昭和の日本』山崎彩・井上昭彦・鈴木真由美・住岳夫・柱本元彦共訳、松籟社 2009、訳者代表
  • 『ジョルジョ・モランディの手紙』(編訳)みすず書房 2011
  • ロベルト・エスポジト『三人称の哲学 生の政治と非人称の思想』佐藤真理恵・長友文史・武田宙也共訳、講談社選書メチエ 2009
  • アガンベン『事物のしるし 方法について』岡本源太共訳 筑摩書房 2011/ちくま学芸文庫 2019
  • アガンベン『裸性』栗原俊秀共訳 平凡社〈イタリア現代思想〉2012
  • ペルニオーラ『無機的なもののセックス・アピール』鯖江秀樹・蘆田裕史共訳 平凡社〈イタリア現代思想〉2012
  • ジョナサン・クレーリー『24/7 眠らない社会』石谷治寛共訳、NTT出版 2015
  • アガンベン『書斎の自画像』月曜社〈哲学への扉〉2019
  • アガンベン『王国と楽園』多賀健太郎共訳 平凡社 2021
  • アガンベン『創造とアナーキー 資本主義宗教の時代における作品』中村魁共訳 月曜社〈哲学への扉〉2022

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2014年8月現在で、6万部を突破している[1]

出典編集

  1. ^ 中公新書 [@chukoshinsho] (2014年8月5日). "岡田温司先生の中公新書をご紹介します。『マグダラのマリア』『処女懐胎』『キリストの身体』そして『アダムとイヴ』の4冊です。とくに2005年刊の『マグダラのマリア』は13刷6万部超のロングセラーになっています。" (ツイート). Twitterより2021年10月20日閲覧

外部リンク編集