岡田眞善

日本の俳優、タレント

岡田 眞善(おかだ しんぜん、1973年7月16日 - )は、東京都出身のラジオパーソナリティーであり俳優。プロカメラマン。旧芸名は岡田 真善[1]

おかだ しんぜん
岡田 眞善
生年月日 (1973-07-16) 1973年7月16日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 176cm
血液型 O型
職業 俳優ラジオパーソナリティ
配偶者 既婚
著名な家族 岡田眞澄(父)
藤田みどり(母)
テンプレートを表示

人物編集

父は岡田眞澄、母は藤田みどり、父方の伯父はE・H・エリック。父方祖母はデンマーク人。祖父は画家の岡田稔、従姉は岡田美里、従姪は栗原菊乃堺小春姉妹。堺正章はかつての義従兄にあたる。

玉川大学芸術学部演劇学科在学中より、舞台を中心に本格的に活動を開始。卒業後、大手アパレルメーカーに勤務しつつ、女性雑誌『saita』の第一回プレミアムボーイに選出される。その後、J-WAVEFeel the heelingNEXT WAVEJ's callingフライデーなどの番組、そして、『白雪姫』『シンデレラ』『リトルナイトミュージック』『横浜行進曲』『バタフライはフリー』など、ミュージカル、舞台を中心とした俳優活動の他、FMヨコハマラジオ番組モーニングステップス』のDJとしても活躍。その後、TOKYO FMの「ANNAのHAPPY-GO-LUCKY」や「サウンドエッセイ」、魔裟斗との『キングスピリッツ』などの番組を手がける。 報道からバラエティー番組までこなせ、キャスターとしては、真摯な切り口での姿勢、論評は評判。

学生時代に父親から虚偽の理由をのべられ、父親が岡田姓を捨て、養子に入る形で結婚したため、家族を捨てた形になり、慰謝料や弟らの養育費は騙されたために、一切払われることなく、その上で父が再婚。 その後大手制作会社社員になった次弟は、父親をあえて起用した舞台を制作し、対等になろうとするが、代役のきかない稽古終盤、新しく生まれた娘の運動会に行くためという理由で急遽降板。そんな父親を起用してしたがため、会社に莫大な迷惑をかけることになり、公演のキャンセル料など、その責任を負うため、次弟が自殺する結果に。 長男であった眞善は、『自分の息子に責任負わせ、死に追いやる父親がどこにいる』との言葉のもと、父とは絶縁状態にあったという。

俳優の細川俊之とは実質、親子のような関係で、舞台での共演や、テレビ番組でも親子旅のような関係として、旅番組にも出演。 宇都宮では二人でジャズバーなどでのイベントにも参加。多くの店で飲んでいるところを目撃されている。

伯父から幼少時にクルージングを教わり、その実力は高く、1998年世界帆船レースに日本代表選手、キャプテンとして出場し、日本のヨット界に貢献。世界第2位で、クラスA準優勝に、チームジャパンを導き、結果、成績を残した。

プロカメラマンとしては、2003年からM-WAVE写真事務所に所属。日本写真学院講師の経験も併せ持つ。 愛用のカメラは富士とオリンパス。

また、2011年1966年6月30日日本武道館で行われたビートルズの日本公演をオマージュした斉藤和義やさしくなりたい」のPVに、同公演で司会進行を務めた伯父にあたるエリック役で出演した。

近年は、プロデューサーとしてCMの制作、番組コンテンツの制作、主にラジオ界での後輩の育成にも力を入れている。

来歴編集

1973年、東京南青山に生まれる。

1994年、両親が離婚。

1998年、ヨットワールドカップ世界帆船大西洋レースに日本代表チームの一員として出場し、クラスA準優勝。

2006年5月29日、父・眞澄が逝去。

2007年から事務所移籍に伴い、芸名の「真」の字が旧字体の表記「眞」に変更される[1]

2010年、広告代理店、制作会社・(株)フェザンレーヴへ移籍、プロデューサーとなる。

出演番組編集

テレビ番組編集

映画編集

ラジオ番組編集

舞台編集

  • シャンブルマンダリン(アンソニー)
  • テニアンアイランド(主演、マックス中尉)
  • 白雪姫(王子)
  • As you like it お気に召すまま(ジェイキス)
  • 横浜行進曲(ウレ公)
  • そして誰もいなくなった(マーストン)
  • 7本の色鉛筆(ヨタ息子)
  • リトルナイトミュージック(ヘンリック)
  • バタフライはフリー(主演 ドン・ベイカー)
  • サウンドオブミュージック(ロルフ)
  • 株式会社893(2011年9月7日-11日、赤坂レッドシアター)

PV編集

その他編集

  • 趣味は弓道、ツーリング、ガーデニング、カメラなど。
  • 航空特殊無線通信技師(丙種)、沿海船舶航海技師免状、弓道段位教範、自動二輪免許、自動車免許、日本書法芸術院書法初段、日本セイルトレーニング協会インストラクター、STS帆船海量教官トレーナーなどの資格を取得している。

脚注編集

  1. ^ a b 新聞のラテ欄等では原則として「眞」などの旧字体漢字を使わないため、芸名変更後も「岡田真善」表記となる。

外部リンク編集