メインメニューを開く

岡田 精司(おかだ せいし、1929年12月23日[1] - 2019年1月25日[2])は、日本史学者。

東京生まれ。1954年國學院大學文学部史学科卒、1973年「古代王権の祭祀と神話」で大阪市立大学文学博士立命館大学助教授、三重大学教授、1993年定年[3]

著書編集

  • 『古代王権の祭祀と神話』塙書房 1970
  • 『神社の古代史』大阪書籍 朝日カルチャーブックス 1985
  • 『古代祭祀の史的研究』塙書房 1992
  • 『京の社 神と仏の千三百年』塙書房 2000

共編著編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 日本歴史』2019年7月号(吉川弘文館)、p.120
  3. ^ 『京の社』著者紹介