メインメニューを開く

岡田 隆彦(おかだ たかひこ、1939年9月4日 - 1997年2月26日)は日本の詩人美術評論家東京府出身。祖父は第35代衆議院議長岡田忠彦。妻は俳人岡田史乃。長女は俳人・辻村麻乃

経歴編集

永田町小学校(現麹町小学校)、麹町中学校獨協高等学校慶應義塾大学文学部卒業[1]。「三田詩人」復刊に参画。1961年、会田千衣子井上輝夫鈴木伸治吉増剛造と詩誌「ドラムカン」創刊。大学卒業後は美術出版社に就職し、20代の終わりにはヴェネツィア・ビエンナーレのコミッショナーを務めていた。

1968年中平卓馬高梨豊多木浩二らと写真批評詩「provoke」創刊。1985年『時に岸なし』で高見順賞受賞。高橋昌男の後を受けて「三田文学」編集長をつとめる。1990年慶應義塾大学環境情報学部教授。

吉増剛造によれば黒住教の信者であったとのことで、墓所は岡山市の黒住教本部にある[2]

著作編集

詩集編集

  • 『われらのちから19』思潮社 1963年
  • 『史乃命』新芸術社 1963年
  • 『岡田隆彦詩集』思潮社 現代詩文庫30 1970年
  • 『海の翼』書肆山田 1970年
  • 『わが瞳』思潮社 1972年
  • 『零へ』青土社 1974年
  • 『生きる歓び』青土社 1977年
  • 『何によって』思潮社 1977年
  • 『巨大な林檎のなかで』河出書房新社 1978年
  • 『瞳で泳ぐ』思潮社 1980年
  • 『時に岸なし』思潮社 1985年
  • 『鴫立つ澤の』思潮社 1992年

美術評論編集

  • 『危機の結晶 現代美術覚え書』イザラ書房 1970
  • 『幻影的現実のゆくえ』田畑書店 1970
  • 『日本の世紀末』小沢書店 1976年
  • ウィリアム・モリスとその仲間たち アールヌーボーの源流』編著 岩崎美術社 1978 
  • 『美術散歩50章 出会いが創る芸術家の生涯』大和書房 1979
  • 『かたちの発見 時空間を超えて』小沢書店 1981
  • 『夢を耕す 幻想絵画論』小沢書店 1981
  • ラファエル前派 美しき<宿命の女>たち』美術公論社 1984
  • 『眼の至福 絵画とポエジー』小沢書店 1985
  • 『芸術の生活化 モリス、ブレイク、かたちの可能性』小沢書店 1993

翻訳編集

  • エドワード・ルーシー=スミス『現代美術の流れ 1945年以後の美術運動』水沢勉共訳 PARCO出版局 1986
  • メルヴィン・P.レーダー『アーシル・ゴーキー篠田達美共訳 美術出版社 1989 モダン・マスターズ・シリーズ
  • ティモシー・ヒルトン『ラファエル前派の夢』篠田達美共訳 白水社 1992

脚注編集