メインメニューを開く

岡 稔(おか みのる、1924年8月31日[1] - 1973年9月19日[1])は、日本の経済学者滋賀県出身[1]一橋大学経済研究所ソ連経済研究部門教授在任中、49歳で死去した。第6回日経・経済図書文化賞受賞。

岡 稔
生誕 1924年8月31日
日本の旗 日本滋賀県
死没 (1973-09-19) 1973年9月19日(49歳没)
研究機関 一橋大学経済研究所
母校 東京商科大学
他の指導教員 高島善哉
受賞 第6回日経・経済図書文化賞
テンプレートを表示

目次

人物・経歴編集

1942年東京商科大学(現一橋大学)予科入学。クラスの同級生に速水優(元日本銀行総裁)、川勝堅二(元三和銀行頭取)、本間要一郎横浜国立大学名誉教授)などが、他クラスの同期に俳優の久米明関恒義(一橋大学名誉教授)がいた[2]

大学では高島善哉ゼミに所属。また日本共産党シンパの学生らで組織された民主主義科学研究会(民研)に、本間や、佐藤定幸(のちに一橋大学名誉教授)、韮沢忠雄(のちに日本共産党赤旗編集局長)らとともに、主要メンバーとして参加した[2]

大学卒業後、本間らとともに母校特別研究生となる[2]。1949年に一橋大学経済研究所ソ連経済研究部門が設置されると、同助手に着任。同時期に助教授に着任した野々村一雄や、のちに加わった宮鍋幟とともに、同大におけるソ連経済研究の基礎を築いた[3][1]。同講師、助教授を経て、1968年教授[1]。社会主義経済学会幹事[1]、一橋大評議員[1]等を歴任したが、肺がんのため49歳で死去[4]

指導学生に岩田昌征千葉大学名誉教授)[5]萩原進法政大学名誉教授)[6]など。

著書編集

単著編集

  • 『ソヴェト工業生産の分析』岩波書店 一橋大学経済研究叢書 1956
  • 『計画経済論序説 価値論と計画化』岩波書店 1963
  • 『岡稔論文集 上 資本主義分析の理論的諸問題』新評論 1975
  • 『岡稔論文集 下 社会主義経済論の新展開』新評論 1975

共著編集

翻訳編集

  • M.ドッブ『政治経済学と資本主義』岩波現代叢書 1952
  • アレクサンダー・M.バイコフ『ソヴェート同盟の経済制度 上巻』野々村一雄共訳 東洋経済新報社 1954
  • クリストファー・ヒル『レーニンとロシヤ革命』岩波新書 1955
  • チェルダンツェフ, ニキーチン, トウトウイヒン編『ソヴェト経済地理概論』宮鍋幟共訳 弘文堂 1960
  • В.С.ネムチノフ編『マルクス経済学の数学的方法』青木書店 1960-1961
  • ヴラジーミル・ペトロヴィッチ・シュクレドフ『社会主義的所有の基本問題 経済と法』西村可明共訳 御茶の水書房 1973

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 岡稔”. コトバンク. 2014年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c 「「戦争末期から戦後初期の東京商科大学」」第 9 回福田徳三研究会
  3. ^ 「一橋のソ連経済研究」一般社団法人如水会
  4. ^ 盛田常夫「2014.08.20  追悼:佐藤経明教授(横浜市立大学名誉教授)」リベラル21
  5. ^ 「昭和43年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  6. ^ [1]