岡義武

日本の政治学者
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2022年11月

岡 義武(おか よしたけ、1902年10月21日[1] - 1990年10月5日[1])は、日本政治学者東京大学名誉教授。専門は、政治史日本政治史

岡 義武おか よしたけ
人物情報
生誕 (1902-10-21) 1902年10月21日
日本の旗 日本東京市
死没 1990年10月5日(1990-10-05)(87歳)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 政治史近代史
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

経歴編集

1902年、東京市麹町生まれ[1]。父は大阪毎日新聞社副社長・会長、農商務省商工局長(兼・臨時産業調査局第3・第4部長)を務めた岡實

旧制第一中学第一高等学校文科乙類を経て東京帝国大学に入学。法学部で小野塚喜平次の教えを受ける。1926年東京帝国大学法学部政治学科卒業[2]内務省に進み労働政策・社会政策を担当することも考えたが、実務家を目指すことには躊躇があったことから、卒業と同時に小野塚の推薦を受けて法学部助手に採用される。

同期採用の矢部貞治が政治学講座の助手として採用されたことから政治史研究に転じ、助手時代は吉野作造に師事する。1928年助教授に任官[3]1939年から教授[4]。吉野の政治史講座を継承し、1935年より従来設けられていたヨーロッパ政治史の講座に加え、日本政治史の講義をはじめて設けた。1936年から二年間欧州を歴訪し、当時の日記は『岡義武ロンドン日記』として刊行されている。

戦後も東京大学教授を務め、1955年から1957年までは法学部長を務める。1963年定年退職し、東京大学名誉教授となる。また、1949年学習院大学の文政学部政治学科設置に協力し、1950年から1955年まで同兼任教授を務めた。1972年、日本学士院会員に加わった。

受賞・栄典編集

研究内容・業績編集

家族・親族編集

  • 父:岡實大阪毎日新聞社副社長・会長。農商務省商工局長(兼・臨時産業調査局第3・第4部長)を務めた。
  • 弟:岡義達は同じく政治学者。東大教授。かなり年が離れている。
  • 孫娘:芳賀直子は舞踊史研究家[5]

著書編集

単著編集

  • 『近代欧洲政治史』(弘文堂, 1945年)
  • 『近代日本の形成』(弘文堂, 1947年)
  • 『独逸デモクラシーの悲劇』(弘文堂[アテネ文庫], 1949年/文藝春秋文春学藝ライブラリー〉, 2015年[6]
  • 『国際政治史』(岩波書店岩波全書], 1955年/岩波現代文庫(改訂版), 2009年)
  • 『近代ヨーロッパ政治史』(弘文堂, 1956年/創文社(全訂版), 1967年、新版1985年)
  • 山県有朋――明治日本の象徴』(岩波新書, 1958年、復刊2016年ほか/岩波文庫, 2019年9月)、解説空井護
  • 『近代日本の政治家――その運命と性格』(文藝春秋新社, 1960年)
    (岩波書店(改訂版), 1979年/岩波同時代ライブラリー, 1990年/岩波現代文庫, 2001年/岩波文庫, 2019年10月)、解説松浦正孝
    • 英訳版:Five Political Leaders of Modern Japan: Ito Hirobumi, Okuma Shigenobu, Hara Takashi, Inukai Tsuyoshi, and Saionji Kimmochi, translated by Andrew Fraser and Patricia Murray, (University of Tokyo Press, 1986).
  • 『近代日本政治史(I)』(創文社, 1962年)- 「近代日本の形成」改訂版、続編は著作集に収録
  • 『黎明期の明治日本――日英交渉史の視角において』(未來社, 1964年)
  • 『日本近代史大系(5) 転換期の大正 1914-1924』(東京大学出版会, 1969年)
  • 近衛文麿――「運命」の政治家』(岩波新書, 1972年、復刊2008年ほか/岩波書店「評伝選」, 1994年)
    • 英訳版:Konoe Fumimaro: A Political Biography, translated by Shumpei Okamoto and Patricia Murray, (University of Tokyo Press, 1983).(東京大学出版会)
  • 『岡義武ロンドン日記 1936-1937』(三谷太一郎篠原一編、岩波書店, 1997年)
  • 『明治政治史』(岩波文庫(上下), 2019年2・3月)、解説前田亮介・伏見岳人
  • 『転換期の大正』(岩波文庫, 2019年4月)、解説五百籏頭薫

編著編集

共編著編集

  • 『大正デモクラシー期の政治――松本剛吉政治日誌』(林茂共編、岩波書店, 1959年)、オンデマンド版2012年

訳書編集

  • チャールズ・ブリントン『革命の解剖』(岩波書店, 1952年)

著作集編集

  • 『岡義武著作集』(岩波書店, 1992-1993年、再版2001-2002年)

脚注編集

  1. ^ a b c 日本歴史学会 1999
  2. ^ 『官報』第4111号、大正15年5月10日、p.235
  3. ^ 東京帝国大学一覧 昭和5年度』東京帝国大学、1930年、392頁。 
  4. ^ 『東京帝国大学一覧 昭和15年度』東京帝国大学、1941年3月、p.426
  5. ^ 『軽井沢Vignette』Vol.124、2019年、p.33
  6. ^ 処女論文「環境に関聯して観たる十九世紀末独逸の民主主義運動」も収録

参考文献編集

  • 日本歴史学会 編 『日本史研究者辞典』吉川弘文館、1999年、75-76頁。