メインメニューを開く

岡谷スカラ座(おかやスカラざ)は、長野県岡谷市中央町にあるシネマコンプレックス諏訪地方に残る唯一の常時営業してる映画館

岡谷スカラ座
Okaya Scalaza
Okaya scala za.jpg
情報
正式名称 岡谷スカラ座
開館 1962年
客席数 (7館合計)906人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX
用途 映画上映
運営 松下秀正 館長
所在地 394-0027
長野県岡谷市中央町2-4-14
位置 北緯36度3分41.6秒 東経138度2分54.9秒 / 北緯36.061556度 東経138.048583度 / 36.061556; 138.048583座標: 北緯36度3分41.6秒 東経138度2分54.9秒 / 北緯36.061556度 東経138.048583度 / 36.061556; 138.048583
アクセス 岡谷駅より徒歩10分
外部リンク 岡谷スカラ座
地図

概要編集

諏訪地域唯一のシネマコンプレックスである。7スクリーン、906席。洋・邦画のロードショーのみならず、アート系作品の上映も行っている。周辺地域のシネマコンプレックスとしては、松本地域アイシティシネマシネマライツ8が存在する。

開業は1962年1970年に2館体制となり、1989年にスクリーン3、1997年にスクリーン4、2002年にスクリーン5[1]2004年12月にスクリーン6[2]2009年12月XpanD方式の3D上映に対応したスクリーン7をオープンした。2011年3月より全スクリーンがデジタル上映対応となった。 スカラ座の駐車場50台、近くに市営中央町立体駐車場(5時間無料)、駐車場券を提示すると200円割引。

施設編集

スクリーン 席数
1 103
2 100
3 200
4 151
5 66
6 161
7 125

訪れた著名人編集

出典編集

  1. ^ 岡谷スカラ座・information”. 2002年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月18日閲覧。
  2. ^ 岡谷スカラ座・information”. 2004年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月18日閲覧。
  3. ^ “「たべんさい」岡谷スカラ座で舞台挨拶とミニコンサート”. 長野日報. (2013年1月20日). http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27409 2013年11月30日閲覧。 
  4. ^ YukieKawamura (2016年2月27日). “岡谷スカラ座到着~(^-^)”. 川村ゆきえ. Twitter. 2016年3月20日閲覧。
  5. ^ 「アンダーウェア」「20歳よ、もう一度」「タロット探偵ボブ西田」”. 折井あゆみの「目覚まし7コ愛用中…★」. CyberAgent (2016年1月18日). 2016年3月20日閲覧。
  6. ^ “映画:諏訪ロケの新作、監督が市長訪問/長野”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年2月27日). http://mainichi.jp/articles/20160227/ddl/k20/200/042000c 2016年3月20日閲覧。 

外部リンク編集

関連項目編集