メインメニューを開く

岡谷 公二(おかや こうじ、1929年4月9日 - )は、日本のフランス文学美術研究者。跡見学園女子大学名誉教授。

経歴編集

東京生まれ。慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部を卒業[1]

父親の指示で慶應義塾予科医学部に進学するが、医学を放棄して東京大学文学部に進学する[2]。1952年東京大学文学部美学美術史学科卒業。大学時代は『第15次新思潮』に参加。

その後ゴーギャンアンリ・ルソーなど、熱帯に魅せられた画家たちの翻訳、著作をなすほか、柳田國男の青春期を研究し、友人であった田山花袋の初期作品が、ほぼ柳田自身の悲恋をモデルとしていることをつきとめた。

1964年杉野学園女子大学助教授、1965年跡見学園女子大学助教授、1970年に同教授、のち名誉教授[3]

2009年『南海漂蕩』で第21回和辻哲郎文化賞受賞。

著書編集

共編著ほか編集

  • 編『澁澤龍彦文学館9 独身者の箱』筑摩書房 1990
  • 『「青」の民俗学 谷川健一の世界』、山下欣一共編 三一書房 1997
  • 編『柳田国男 さゝやかなる昔〈抄〉/故郷七十年〈抄〉 作家の自伝61』 日本図書センター「シリーズ人間図書館」1998
  • 『創作集 騎士来訪』2000。私家版
  • 『シュヴァル 夢の宮殿をたてた郵便配達夫』、山根秀信絵 福音館書店 たくさんのふしぎ傑作集 2016。児童出版

翻訳編集

  • ポール・ゴーガン『タヒチからの手紙』 昭森社 1962
  • ロマン・ギルシュマン『古代イランの美術 1・2』新潮社〈人類の美術〉 1966
  • ミッシェル・レーリス、ジャックリーヌ・ドランジュ『黒人アフリカの美術』新潮社〈人類の美術〉 1968
  • ヤンボ・ウオロゲム『暴力の義務』新潮社 1970
  • ジャン・シャルボノー、ロラン・マルタン、フランソワ・ヴィラール
    『ギリシア・アルカイク美術』新潮社〈人類の美術〉 1970
  • ミシェル・レリス『幻のアフリカ 1』イザラ書房 1971。田中淳一・高橋達明共訳
    • 改訂完訳版『幻のアフリカ』河出書房新社 1995/平凡社ライブラリー 2010
  • ミシェル・レリス『日常生活の中の聖なるもの』思潮社 1972(ミシェル・レリスの作品 4)
  • エリー・ヴィーゼル『エルサレムの乞食』新潮社 1974
  • ロジェ・カイヨワ『石が書く』新潮社 1975
  • ジャン・シャルボノー、ロラン・マルタン、フランソワ・ヴィラール
    『ギリシア・ヘレニスティク美術』新潮社〈人類の美術〉 1975
  • フィリップ・オードワン『シュルレアリストたち』笹本孝共訳 白水社 1977
  • レーモン・ルーセル『アフリカの印象』白水社 1980、新版2001/平凡社ライブラリー 2007
  • ポール・ゴーギャン『オヴィリ 一野蛮人の記録』みすず書房 1980
  • レーモン・ルーセル『ロクス・ソルス』ペヨトル工房 1988/平凡社ライブラリー 2004
  • ミシェル・レリス『レーモン・ルーセル 無垢な人』ペヨトル工房 1991
  • クリスチャン・エック『グリューネヴァルト イーゼンハイムの祭壇画』新潮社 1993
  • ミシェル・レリス『ゲームの規則』筑摩書房 1995
  • ロバート・バルディック『ユイスマンス伝』学習研究社 1996
  • ミシェル・レリス『ピカソジャコメッティベイコン』人文書院 1999
  • ミシェル・レリス『デュシャンミロ、マッソン・ラム』人文書院 2002
  • ミシェル・レリス『抹消 ゲームの規則Ⅰ』、『軍装 同Ⅱ』 平凡社 2017[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山川方夫『親しい友人たち』解説(岡谷・「山川方夫のこと」」
  2. ^ 山川方夫『親しい友人たち』解説(岡谷・「山川方夫のこと」」
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 全4巻で、Ⅲは千葉文夫訳、Ⅳは谷昌親訳