メインメニューを開く

岡部冬彦

岡部 冬彦(おかべ ふゆひこ、1922年12月27日 - 2005年5月16日)は、東京出身の漫画家科学ジャーナリスト埼玉県さいたま市に在住していた。東京美術学校(現東京芸術大学)卒。

目次

来歴・人物編集

名取洋之助が編集していた『岩波写真文庫』の現場で、三木淳稲村隆正らともに学ぶ。『岩波写真文庫』のスタッフだった女性デザイナーと結婚。

漫画家としては、「週刊朝日」「週刊文春」などで執筆。子供の目を通したモダンな作風で、ファミリー漫画から大人社会の不条理を風刺した作品などがある。代表作に『アッちゃん』『アツカマ氏』、絵本『きかんしゃ やえもん』がある。また、ソニーのキャラクターであった『ソニー坊や』や、岩塚製菓の「お子様せんべい」のパッケージに描かれている少年少女のキャラクターも、岡部の手によるものである。しかし、ソニー坊やは1960年代初頭に「国際企業を目指すにはふさわしくない」という理由で、ソニーのキャラクターから外れた[1]1961年、『アッちゃん』『ベビー・ギャング』で第7回文藝春秋漫画賞を受賞。

大の鉄道飛行機マニアとしても知られており、漫画家として一線を退いた後も科学ジャーナリストとして活動。交通・通信・エネルギー問題に関心を寄せ、講演やエッセイの執筆などで活躍し、国際交通安全学会理事や日本旅行作家協会副会長などを務めた。

1989年には紫綬褒章を、1995年には勲四等旭日小綬章を受章。

2005年5月16日、心筋梗塞のために82歳で死去した。

代表作編集

漫画編集

  • アッちゃん
  • 『ベビー・ギャング』
  • 『アツカマ氏』
  • 『オヤカマ氏』
  • 『プリンセスマコちゃん』 - 1960年8月14日から1964年10月4日まで朝日新聞日曜の朝刊に連載。

絵本編集

エッセイ編集

  • 『岡部冬彦のヒコーキばんざい』

映画化された作品編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 私の履歴書 復刻版 大賀典雄 第12回 - 日経新聞、2015年8月31日