メインメニューを開く

岡部 則綱(おかべ のりつな、生没年不詳)は、戦国時代江戸時代初期の武将。通称は大学助。

駿河国戦国大名今川氏家臣朝比奈信置に仕えるが後に辞去。その後はさまざまな大名に仕えた。

慶長19年1614年大坂の陣が起こると大坂城に入城し、大野治長の組に属する。1615年の夏の陣における樫井の戦いで塙直之淡輪重政らと共に浅野長晟軍と交戦するが敗れる。則綱は自害を決意するも毛利勝永に制止される。

大坂城が落ちると、落ち延びて改名、愧世庵と名乗り隠遁した。

関連項目編集