メインメニューを開く

岡部 拓人(おかべ たくと、1981年10月15日 - )は、福島県石川郡古殿町出身[1]サッカー審判員(国際審判)。

岡部 拓人
個人情報
フルネーム OKABE Takuto
誕生日 (1981-10-15) 1981年10月15日(37歳)
出身地 日本の旗 日本
福島県石川郡古殿町
国内
リーグ 役割
2008年 - Jリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2014年 - FIFA登録 審判員

経歴・人物編集

福島県立須賀川高等学校時代にはレギュラーとして県大会ベスト4に進出。高校卒業後、流通経済大学に進学したものの、サッカー部ではレギュラー確保には至らず、大学2年生頃からは選手兼任で審判を引き受けるようになる。卒業後、茨城県取手市で日本語学校を運営する株式会社NCS学院に勤務しながら日本サッカー協会 (JFA) の審判養成プログラムである「レフェリーカレッジ」へ2期生として入学。2006年に1級審判員の資格を取得した。

2008年よりJ2主審として登録され、2009年途中から、J1で主審を務める。

2014年2月16日、JFA交流プログラムの一環としてAリーグブリスベン・ロアーFCvsニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCの主審を担当(日本人がAリーグの審判員を務めるのは初めて)[2]。同年10月9日のJFA理事会にて、国際サッカー連盟(FIFA)登録国際主審候補者に選出された[3][4]

2019年8月現在国際試合主審を担当した事はなく第4審判のみ担当した経験を持つ。

脚注編集

  1. ^ 国際審判員 プロフィール (PDF) - 公益財団法人 日本サッカー協会 2014年度 第10回理事会協議資料、2014年10月9日
  2. ^ 日本人審判員が初めてA-Leagueを担当する”. JFA.jp (2014年4月4日). 2019年6月2日閲覧。
  3. ^ 2015年国際審判員候補リスト (PDF) - 公益財団法人 日本サッカー協会 2014年度 第10回理事会協議資料、2014年10月9日
  4. ^ 岡部拓人審判を国際審判員に申請へ 日刊スポーツ 2014年10月9日閲覧