岡部氏 (藤原南家)

岡部氏(おかべし)は、日本氏族の一つ。

岡部氏
家紋
左三つ巴ひだりみつどもえ
本姓 藤原南家入江氏流
家祖 工藤為憲
種別 武家
華族子爵
出身地 駿河国志太郡岡部郷
主な根拠地 駿河国志太郡岡部郷
和泉国南郡岸和田
凡例 / Category:日本の氏族

系譜編集

藤原南家工藤氏の、工藤為憲から始まる。

鎌倉時代編集

鎌倉時代に、岡部泰綱駿河国志太郡岡部郷(現在の静岡県藤枝市岡部町)の地頭になる。

戦国時代編集

戦国時代には、駿河国今川氏の家臣になる。今川氏の甲斐の武田氏は同盟関係にあったが、永禄3年(1560年)5月の桶狭間の戦いにおける今川義元の急死や永禄4年(1561年)の川中島の戦いなどを経て甲斐・駿河間の関係は険悪化し、永禄11年(1568年)末には同盟関係が破綻し、武田氏は駿河侵攻を行う。岡部氏はこれにより武田氏に帰属した。岡部元信は、天正9年(1581年)の高天神城の戦いで武田方の主将として討ち死にするが、同族の岡部正綱徳川氏に仕える(なお、正綱は元信の兄とも言われるが、実際には元信は岡部親綱の子、正綱は岡部久綱の子とされる)。

また、岡部氏の一族には武田家の海賊衆となった土屋貞綱がいる。貞綱は今川旧臣でもとは岡部忠兵衛と称し、駿河侵攻以降に武田氏に帰属し、永禄13年(1570年)2月には土屋姓を称し、土屋豊前守を称している。土屋氏は武田家の譜代家老・金丸虎義の次男である昌続(昌次)が永禄4年以降に名跡を継いだ氏族で、昌続の弟に昌恒がいる。貞綱には実子がなかったため昌恒を養子に迎える。天正3年(1575年)5月の長篠の戦いでは昌続・貞綱が戦死したため昌恒が土屋氏を継ぎ、昌続・貞綱双方の家臣を継承している。

江戸時代編集

江戸時代に入り、正綱の子岡部長盛は、大垣城主となる。長盛の子、岡部宣勝の時、岸和田藩主になる。

岸和田藩主岡部氏

  1. 岡部宣勝
  2. 岡部行隆
  3. 岡部長泰
  4. 岡部長敬
  5. 岡部長著
  6. 岡部長住
  7. 岡部長修
  8. 岡部長備
  9. 岡部長慎
  10. 岡部長和
  11. 岡部長発
  12. 岡部長寛
  13. 岡部長職

系譜編集

関連項目編集