岡部 長備(おかべ ながとも)は、江戸時代中期から後期にかけての大名和泉国岸和田藩8代藩主。官位従五位下美濃守。岸和田藩岡部家9代。

 
岡部長備
Okabe Nagatomo.jpg
岡部長備肖像(泉光寺所蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦13年3月4日1763年4月16日
死没 享和3年11月5日1803年12月18日
改名 富三郎、長備
墓所 東京都新宿区榎町の済松寺
官位 従五位下美濃守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
和泉岸和田藩
氏族 岡部氏
父母 岡部長修
兄弟 長備長祥
青山忠高
長周長慎盛勝堀直哉正室、
大田原光清婚約者、栄香院渡辺則綱正室
テンプレートを表示

略歴編集

7代藩主・岡部長修の長男として岸和田にて誕生。幼名は富三郎。

安永5年(1776年)5月に世子となり、同年8月18日に父の隠居で跡を継いだ。しかし、天明の大飢饉などによる天災などで藩内を凶作が襲いかかり、それによって天明2年(1782年)8月には藩内の各所で強訴が起こった。天明7年(1787年)、老中として権勢を振るっていた田沼意次が失脚したことにより、遠江国相良城の破却を務めている。享和3年(1803年)11月5日、早世した長男の長周の後を追うように死去し、家督は次男の長慎が継いだ。墓所は東京都新宿区榎町の済松寺。

系譜編集