メインメニューを開く
岡部長発肖像(泉光寺所蔵)

岡部 長発(おかべ ながゆき、天保5年9月21日1834年10月23日)- 安政2年2月4日1855年3月21日))は、和泉岸和田藩の第11代藩主。岸和田藩岡部家12代。

第9代藩主・岡部長慎の六男。母は側室と言われている。正室は鳥居忠挙の娘。子に岡部長職(長男)、娘(六郷政鑑正室)。官位は従五位下、美濃守。

江戸で生まれる。幼名は武之丞、弥次郎。先代藩主で兄の長和には男児が2人いたが、いずれも早世したため、嘉永2年(1849年)12月10日に兄の養嗣子となり、嘉永3年(1850年)の兄の死去により家督を継いだ。日光廟の修理、ロシアエフィム・プチャーチンの軍艦であるディアナ号の岸和田来航に備えるなど、若年ながら藩政に尽力したが、安政2年(1855年)2月4日に22歳で死去した。長男の長哉(長職)があったが幼年だったため、家督は兄の長寛が継いだ。

墓所は大阪府岸和田市泉光寺