岡部陣屋(おかべじんや)は埼玉県深谷市にあった陣屋岡部藩の藩庁が置かれた。埼玉県指定旧跡。

概要編集

今川家家臣で後に徳川家康に仕えた安部信勝が5200石を領し、その子信盛の代に加増をうけ、慶安2年(1649年)に1万石を加増され諸侯に列した。信之の代に2万200石、信友の代に2万2,200石となった。陣屋は信友の子信峯により築かれた。陣屋は土塁と空堀を巡らせていたと言われるが、今は跡形もない。

幕末には砲術家の高島秋帆の身柄を預かっている。現在は陣屋址敷地に石碑がある。その後、明治維新まで安倍氏の居館として用いられたが、慶応4年(1868年)、藩主信発明治新政府側に自ら願い出て三河国半原藩愛知県新城市)へ移転したため、岡部陣屋は廃止された。

 
岡部陣屋跡「高島秋帆幽囚の地」石碑(埼玉県深谷市

遺構編集

二層の長屋門が市内岡部町の全昌寺に、地方通用門(深谷市指定文化財)が市内西島町に、それぞれ移築され現存する。

外部リンク編集

岡部陣屋遺構