メインメニューを開く

岡里 明美(おかざと あけみ、1974年7月24日 - )は、茨城県出身の元バスケットボール選手である。ポジションはG/F。現役時代はシャンソンVマジックに所属。現役時代は3Pシュートの名手として全日本で活躍した。

岡里明美
Okazato Akemi
Okazato Akemi.jpg
引退
身長(現役時) 178cm (5 ft 10 in)
体重(現役時) 64kg (141 lb)
血液型 A型
基本情報
本名 岡里明美
愛称 アケ
ラテン文字 Okazato Akemi
日本語 岡里明美
誕生日 (1974-07-24) 1974年7月24日(45歳)
日本の旗 日本
出身地 茨城県
ドラフト  
選手経歴
1993-2003 シャンソン化粧品
指導者経歴
2009-2012 富士通レッドウェーブ

来歴編集

選手時代編集

名古屋短期大学附属高等学校(現・桜花学園高等学校)では1、3年時に高校三冠を獲得。

卒業後、シャンソン化粧品入社。日本リーグ〜Wリーグ10連覇などのシャンソン黄金時代を支えた。

また、1年目より全日本に選出され、ジュニア世界選手権を経験後、1996年にはアトランタ五輪に出場し7位入賞に貢献。1998年のバンコクアジア大会では金メダルを獲得した。

2003年、アテネ五輪予選を兼ねるアジア選手権の選考合宿で代表から落選。これを機に現役を退いた。

指導者編集

引退後はバスケから離れ、エアロビクスのインストラクターなどをしていたが、2005年、恩師である中川文一ヘッドコーチの誘いを受け、富士通レッドウェーブのアシスタントコーチに就任。

2009年に中川の日本代表HC就任に伴う退任のため、HCに昇格。Wリーグにおける日本人女性HCは初[1]であったが、2012年に退任。

現在は一般社団法人トレジャーリングにてバスケットボールクリニックのコーチ。

経歴編集

  • 選手歴
    • 名古屋短大高校 - シャンソン化粧品(1993年〜2003年)
  • 指導歴
    • 富士通HC(2009年〜2012年)

日本代表歴編集

  • 1993ジュニア世界選手権
  • 1994世界選手権
  • 広島アジア大会
  • アトランタ五輪
  • 1998世界選手権
  • バンコクアジア大会
  • 2002世界選手権
  • 釜山アジア大会

受賞歴編集

  • 2002年間ベスト5賞

脚注編集

  1. ^ 外国人女性HCとしては過去に李玉慈がシャンソン・富士通を率いたことがある。また、WIリーグでは炭田久美子山梨クィーンビーズのHCに就任しており、三菱電機もWI降格後に田邉広子がHCに就任していた。

関連項目編集