メインメニューを開く

岡野 博行(おかの ひろゆき、1962年11月27日 - )はクラシックプロデューサー

来歴編集

東京都出身東京都立青山高等学校を経て、1986年慶應義塾大学文学部哲学科卒業。大学卒業後、日本IBMシステムエンジニアを経験した後、1991年7月に日本コロムビアに入社[1]

日本のクラシック界を代表する音楽プロデューサー。日本コロムビアでJクラシックを立ち上げ、これまで、クラシックでは、大江光田部京子福田進一加藤知子竹松舞高木綾子高嶋ちさ子加羽沢美濃本田美奈子佐村河内守安倍なつみジャズでは矢野沙織大我、それ以外のジャンルではDiVa[2]佐々木秀実藤原道山KOBUDO -古武道-などを担当し、プロデュースしている。

代表作は、ノーベル賞作家大江健三郎の息子大江光を世に出した『大江光の音楽』、本田美奈子をクラシックの世界に導いた『AVE MARIA』『アメイジング・グレイス』、現在報道ステーションのテーマ曲を担当しているジャズサックス奏者矢野沙織を見出しデビューさせた『YANO SAORI』など。

世界の子守歌協会理事も務める[3]

受賞歴編集

活動編集

コロムビアで、クラシックを中心にプロデュース活動を展開。DENONレーベルで、海外録音も手がけるが、1996年には、日本人アーティストのクロスオーバー路線であるJクラシックを立ち上げる。2003年にはジャズにも進出。

脚注編集

外部リンク編集