メインメニューを開く

岡野 繁蔵(おかの しげぞう、1894年明治27年)6月4日[1] - 1975年昭和50年)7月16日[2])は、大正から昭和期の実業家政治家。「南洋の貿易王」と称された[3]

岡野繁蔵
岡野繁蔵議員.jpg
生年月日 1894年6月4日
出生地 静岡県志太郡青島村
没年月日 (1975-07-16) 1975年7月16日(81歳没)

衆議院議員
選挙区 静岡県第1選挙区
当選回数 1回
在任期間 1947年 - 1949年
テンプレートを表示

経歴編集

静岡県志太郡青島村南新屋(青島町を経て現・藤枝市)で、岡野和吉の二男として生まれる[1][3]高等小学校を経て私立育英学校中学科[注 1]に進んだ[2][3]。2年次に瀬戸川の氾濫で実家が被災したため学校を中退し、藤枝駅前の丸十運送で住み込みで働く[1][3]。育英中学に教師として赴任してきた橋本清之助と知り合い、社会教育団体の修養団藤枝支部の結成に関わった[3]

1914年(大正3年)にスマトラの雑貨商・豊原辰熊から青年の紹介依頼を修養団の蓮沼門三を通して聞き、同年、東洋貿易[注 2]に入社した[1][3]。本店支配人、バタヴィア支配人を歴任し、1919年(大正8年)に独立してスラバヤに大信洋行を設立した[1][2][3]。1922年(大正11年)にはスマランに支店を開設した[3]。続いて1933年(昭和8年)にトコ千代田百貨店をスラバヤ、バンドンに開設し、さらに、バタヴィア、ジョクジャ、マゲランなどにも開店した[2][3]。しかし、太平洋戦争勃発により事業を断念して東京に引き上げた[3]

1947年(昭和22年)4月、第23回衆議院議員総選挙静岡県第1区から民主党所属で出馬して当選し[3]、衆議院議員に1期在任した[2]。この間、民主党常議員会副会長、同国際貿易部長、同静岡県支部長などを務めた[2]第24回総選挙で落選した後に体調を崩し、長野県野尻湖畔の別荘で静養する[3]。その後、同地の周辺を別荘地として開発し、亡妻の名にちなんで「ふみの丘」と名付けた[3]。また、東京都内でカレーチェーン「サモワールおかの」を経営した[3]

著作編集

  • 編『青年会情况彙集』宗徳書院、1915年。
  • 『日蘭会商の経過と其後の貿易状況』〈資料叢書 第5〉東京輸出協会、1936年
  • 『南洋の生活記録』錦城出版社、1942年。
  • 『南方周紀』主婦の友社、1944年。

伝記編集

  • 岸井紫浪『日本の飛石:南方雄飛岡野繁蔵錬成時代』興亜書局、1942年。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現在の藤枝市田中に所在していた。『志太の人物遺産』28頁。
  2. ^ 『志太の人物遺産』28頁では東洋商会。

出典編集

  1. ^ a b c d e 『大衆人事録 第3版』オ之部164頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』149頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『志太の人物遺産』28-29頁。

参考文献編集

  • 小嶋良之『志太の人物遺産』志太情報創造ネット、2017年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。