メインメニューを開く

岩井 弘融(いわい ひろあき[1]1919年3月12日 - 2013年8月4日[2] )は、日本社会学者東洋大学名誉教授。犯罪社会学社会病理学専攻。

目次

来歴編集

佐賀県出身。東京帝国大学卒。東京都立大学助教授、教授大正大学教授、東洋大学教授。1989年定年、名誉教授。代表的な著作に『病理集団の構造』や『犯罪社会学』などがある。2013年8月4日、急性肺炎のため死去[2]。94歳没。

著書編集

共編著編集

翻訳編集

出典編集

外部リンク編集