メインメニューを開く

岩佐 寿弥(いわさ ひさや、1934年10月29日 - 2013年5月4日)は、日本のドキュメンタリー映画監督である。1959年に岩波映画に入社、小川紳介土本典昭黒木和雄らとともに映画研究会「青の会」を結成。1964年にフリーとなり、『ねじ式映画 私は女優?』(1968年)や『眠れ蜜』(1976年)などの実験的なドキュメンタリーを撮り始める[1]。晩年にチベットに関心を持ち始め、チベット難民の青年を描く『オロ』(2012年)などを監督。

いわさ ひさや
岩佐 寿弥
生年月日 (1934-10-29) 1934年10月29日
没年月日 (2013-05-04) 2013年5月4日(78歳没)
出生地 日本の旗 日本 奈良県奈良市
死没地 日本の旗 日本 宮城県柴田郡大河原町
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1959年 - 2012年

遺作となった『オロ』の上映のために宮城県を訪問した際、丸森町の宿泊先の階段から転落して頭部を強打し[2]大河原町の病院で脳内出血のため死去[3]。78歳。

目次

フィルモグラフィー編集

映画編集

  • とべない沈黙』(1966年) - 脚本
  • 『ねじ式映画 私は女優?』(1968年) - 監督
  • 『叛軍No.4』(1972年) - 監督
  • 『眠れ蜜』(1976年) - 監督、編集
  • 『モゥモ チェンガ』(2002年) - 監督
  • 『チベット2002 ダラムサラより』(2002年) - 監督
  • 『オロ』(2012年) - 監督

テレビ編集

  • 『京都幻想』(1985年) - 監督
  • 『奈良幻想』(1987年) - 監督
  • 『プチト・アナコ ロダンが愛した旅芸人花子』(1995年) - 監督
  • 『いっちょんわからんやろ 変身の魔術師・麗子クルック』(1996年) - 監督

編集

参考文献編集

外部リンク編集