岩佐 直治(いわさ なおじ、1915年大正4年)5月6日 - 1941年昭和16年)12月8日)は、日本海軍軍人である。「甲標的」(前部に45センチ魚雷発射管を備えた特殊潜航艇)による真珠湾攻撃の考案者の一人で[1]、自ら搭乗して真珠湾攻撃で戦死した。九軍神の一人である。二階級特進により、最終階級は海軍中佐

岩佐いわさ 直治なおじ
IwasaNaoji.jpg
岩佐 直治(海軍大尉時代)
生誕 1915年5月6日
日本の旗 日本 群馬県前橋市
死没 (1941-12-08) 1941年12月8日(26歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ準州真珠湾
所属組織  大日本帝国海軍
軍歴 1938年 - 1941年
最終階級 Imperial Japan-Navy-OF-4-collar.svg 海軍中佐
墓所 群馬県前橋市本町松竹院
テンプレートを表示

経歴編集

群馬県前橋市天川原町出身。前橋市立城南尋常小学校(現:前橋市立城南小学校)、旧制・群馬県立前橋中学校(現:群馬県立前橋高等学校)を経て、海軍兵学校海兵65期)を卒業した[2]

 
艇附
佐々木少尉

1941年(昭和16年)12月8日(日本時間。現地時間では7日)、部下の佐々木直吉一等兵曹(戦死後、特務少尉)と共に特殊潜航艇によりハワイ準州真珠湾に侵入して米海軍艦艇への攻撃を企図したが戦死する。決死的攻撃により戦死したその武勲が評価され、死後二階級特進で海軍中佐となった。「軍神岩佐中佐」と呼ばれ、全国的に有名になり、東條英機首相が岩佐の実家を訪れた。

唯一真珠湾進入に成功したことが間違いない潜航艇があり、この艇は駆逐艦モナハンと交戦、撃沈されるが、米軍によって引揚げられ、中の遺骸は近辺の墓地に埋葬され、船艇は護岸工事に使用、後に護岸が崩れ、露出したため、あらためて船艇は近辺に埋められた[3](一説には、遺体は船艇の中に未だあるともされている)。戦後、回収された階級章が遺族に返還され、それを根拠にこれが岩佐艇とされている。

死後、松竹院(前橋市本町)に墓が立てられた。また、「軍神岩佐中佐」という楽曲が作曲された(選詩:読売新聞社、作曲:東京音楽学校(現東京芸術大学音楽学部))。

人物編集

岩佐は剣道に優れ、海兵入校後に行われた剣道大会で優勝している[4]段位は四段まで進み、日中戦争において白兵戦に参加した経験があった[4]。愛刀の銘は「関孫六」である[4]。なお岩佐には婚約者がいたが、真珠湾攻撃への参加が決定すると破談にしている[4]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『連合艦隊の最後』p66
  2. ^ 特殊潜航艇「甲標的」九軍神によるハワイ真珠湾特別攻撃と「蛟龍」「海龍」 鳥飼行博研究室”. torikai.starfree.jp. 2022年8月27日閲覧。
  3. ^ USS MONAGHAN’S MIDGET”. NOAA. 2021年12月30日閲覧。
  4. ^ a b c d 『九軍神は語らず』「軍神・岩佐直治」

参考文献編集