メインメニューを開く

岩倉使節団(いわくらしせつだん)とは、明治維新期の明治4年11月12日1871年12月23日)から明治6年(1873年9月13日)まで、日本からアメリカ合衆国ヨーロッパ諸国に派遣された大使節団である。岩倉具視を正使とし、政府首脳陣や留学生を含む総勢107名で構成された。

目次

概要編集

背景

1870年7月に始まった北ドイツ連邦プロイセン王国第二帝政フランスの間に普仏戦争(1870年戦争)は、ドイツ側の連合国が1871年1月に統一されドイツ帝国となり、4月にはビスマルク憲法が施行されたうえ、5月には終結していた。

ただ、1870年10月に日本政府が北ドイツ連邦フランクフルトの印刷会社ドンドルフ・アンド・ナウマン社に注文した偽造通貨対策のための紙幣(明治通宝と呼ばれる)は、使節団が出発した1871年11月にはまだ届かなかった。

出発

明治4年(1871年)11月12日(陰暦)に米国太平洋郵船会社英語版の蒸気船「アメリカ英語版」号で横浜港を出発し、太平洋を一路カリフォルニア州 サンフランシスコに向った。その後アメリカ大陸を横断しワシントンD.C.を訪問したが、アメリカには約8か月もの長期滞在となる。その後大西洋を渡り、ヨーロッパ各国を歴訪した。

使節団はキュナード社の蒸気船オリムパス号に乗船して、1872年8月17日にイギリスのリヴァプールに到着した。ロンドンから始まり、ブライトンポーツマス海軍基地マンチェスターを経てスコットランドへ向かう。スコットランドではグラスゴーエディンバラ、さらにはハイランド地方にまで足を延ばし、続いてイングランドに戻ってニューカッスルボルトン・アビーソルテアハリファクスシェフィールドチャッツワース・ハウスバーミンガムウスターチェスターなどを訪れて、再びロンドンに戻ってくる。1872年12月5日はウィンザー城ではヴィクトリア女王にも謁見し、世界随一の工業先進国の実状をつぶさに視察した。1873年3月15日にはドイツ宰相ビスマルク主催の官邸晩餐会に参加。

ヨーロッパでの訪問国は、イギリス(4か月)、フランス(2か月)、ベルギーオランダドイツ(3週間、独語版)、ロシア(2週間)、デンマークスウェーデンイタリアオーストリアウィーン万国博覧会を視察)、スイスの12か国に上る。帰途は、地中海からスエズ運河を通過し、紅海を経てアジア各地にあるヨーロッパ諸国の植民地セイロンシンガポールサイゴン香港上海等)への訪問も行われたが、これらの滞在はヨーロッパ各国に比べ短いものとなった。

当初の予定から大幅に遅れ、出発から1年10か月後の明治6年(1873年)9月13日に、太平洋郵船の「ゴールデンエイジ」号で横浜港に帰着した。留守政府では朝鮮出兵を巡る征韓論が争われ、使節帰国後に明治六年政変となった。

元々大隈重信の発案による小規模な使節団を派遣する予定だったが、政治的思惑などから大規模なものとなる。一国の政府のトップがこぞって国を離れ長期間外遊するというのは極めて異例なことだったが、直に西洋文明や思想に触れ、しかも多くの国情を比較体験する機会を得たことが彼らに与えた影響は大きかった。また同行した留学生も、帰国後に政治・経済・科学・教育・文化など様々な分野で活躍し、日本の文明開化に大きく貢献した。しかし一方では権限を越えて条約改正交渉を行おうとしたことによる留守政府との摩擦、外遊期間の大幅な延長、木戸と大久保の不仲などの政治的な問題を引き起こし、当時「条約は結び損い金は捨て 世間へ大使何と岩倉(世間に対し何と言い訳)」と狂歌に歌われもした。

使節団のほとんどは断髪・洋装だったが、岩倉はと和服という姿で渡航した。この姿はアメリカの新聞の挿絵にも残っている。日本の文化に対して誇りを持っていたためだが、アメリカに留学していた子の岩倉具定らに「未開の国と侮りを受ける」と説得され、シカゴで断髪。以後は洋装に改めた。

目的編集

  1. 条約を結んでいる各国を訪問し、元首に国書を提出する[1]
  2. 江戸時代後期に諸外国と結ばれた不平等条約の改正(条約改正)のための予備交渉
  3. 西洋文明の調査

使節団の主目的は友好親善、および欧米先進国の文物視察と調査であったが、各国を訪れた際に条約改正を打診する副次的使命を担っていた。明治政府は旧幕府と締約された各種条約を新政府のものとに置き換えるべく明治初年度から順次交渉を続けていたが、1872年7月1日(明治5年6月26日)をもって欧米十五カ国との修好条約が改訂の時期をむかえ、以降1ヵ年の通告を持って条約を改正しうる取り決めであったので、明治政府はこの好機を捕えて不平等条約の改正を図ったのである[2]。だが、日本に近代的な法制度が整っていないことなどを理由に不成功に終わった。

派遣使節団編集

使節46名、随員18名、留学生43名。使節は薩長中心、書記官などは旧幕臣から選ばれた。

使節編集

 
のちにジャーナリスト・文筆家として活躍し、立憲帝政党の開党にも参画した福地源一郎
 
のちに外交官林董として活躍し、1902年日英同盟締結時の駐英公使となった林董三郎
 
帰国後に『米欧回覧実記』を編集した久米邦武
特命全権大使
  • 岩倉具視
副使
一等書記官
二等書記官
三等書記官
四等書記官
大使随行
理事官
随行

留学生編集

 
金子堅太郎。写真は晩年のもので、留学当初は小学生。
 
新政府の米国留学女学生
左から、永井繁子 (10)、上田てい (16)、吉益りょう (16)、津田うめ (9)、山川捨松 (12)。明治4年。姓名はいずれも当時のもの、数字はかぞえ歳 [3]

留学生のほとんどは士族だが、清水谷公考坊城俊章、万里小路正秀(万里小路正房八男)、武者小路実世(武者小路実篤の父)、錦小路頼言は公家出身。

イギリス留学
イギリス・フランス留学
アメリカ留学
ドイツ留学
ロシア留学
留学

随員編集

 
のちに同志社英学校をひらきキリスト教の伝道に生涯をささげた新島襄
随員

ほか。

関連項目編集

関連文献編集

  • 久米邦武編著『米欧回覧実記』 (明治11年刊、5冊組で全100巻、博聞社 1878年
    • ※復刻版 『特命全権大使米欧回覧実記』(全5巻 宗高書房 1975年
  • 田中彰校注 『米欧回覧実記』 岩波文庫(全5巻)、初版1977-82年/岩波書店(単行判5巻組)、1985年
  • 『現代語訳 特命全権大使 米欧回覧実記』水澤周訳注、慶應義塾大学出版会、2005年 (単行判5巻組)    
    • 普及版 『現代語訳 特命全権大使 米欧回覧実記』 ※選書判(全5巻+別巻総索引)、2008年。企画:米欧亜回覧の会

〔専門的な編著・単著〕

  • 久米美術館編 『岩倉使節団関係 久米邦武文書 3』 吉川弘文館、2001年
    • 久米美術館編 『特命全権大使 「米欧回覧実記」銅板画集』 1985年
    • 久米美術館編 『銅鐫にみる文明のフォルム 「米欧回覧実記」挿絵銅版画とその時代展」資料集』 2006年
  • 田中彰 『岩倉使節団の歴史的研究』 岩波書店、2002年
  • イアン・ニッシュ編/麻田貞雄ほか訳 『欧米から見た岩倉使節団』
     ミネルヴァ書房 [MINERVA日本史ライブラリー12] 、2002年
  • 芳賀徹編 『岩倉使節団の比較文化史的研究』 思文閣出版、2003年
  • 米欧回覧の会編 『岩倉使節団の再発見』 思文閣出版、2003年
  • 米欧亜回覧の会編 『世界の中の日本の役割を考える 岩倉使節団を出発点として
     芳賀徹・松本健一齋藤希史ほか多数、慶應義塾大学出版会、2009年
  • 田中彰・高田誠二編著 『「米欧回覧実記」の学際的研究』 北海道大学図書刊行会、1993年
  • 西川長夫・松宮秀治編 『「米欧回覧実記」を読む 1870年代の世界と日本』 法律文化社、1995年
  • 岩倉翔子編著 『岩倉使節団とイタリア』 京都大学学術出版会、1997年

〔一般向けの書籍〕 

脚注編集

  1. ^ アメリカではグラント大統領、イギリスではヴィクトリア女王、フランスではティエール大統領、ベルギーでは国王レオポルド2世、オランダでは国王ウィレム3世、ドイツでは皇帝ヴィルヘルム1世と謁見した。
  2. ^ 宮永孝「アメリカにおける岩倉使節団 : 岩倉大使の条約改正交渉」、『社會勞働研究』第38巻第2号、法政大学、1992年1月、 43-93頁、 NAID 110000184475
  3. ^ 各学生の概歴は以下の通り:
    上田てい:上田悌子(うえだ ていこ)、満14歳、旧幕臣・上田畯の娘、後に医師・桂川甫純と結婚、没年不詳。
    吉益りょう:吉益亮子(よします りょうこ)、満14歳、旧幕臣・吉益正雄の娘、1885年以前に死去。
    永井しげ:永井繁子(ながい しげこ)、満8歳、旧幕臣・益田鷹之助の娘(旧幕臣・永井久太郎の養女)。
    津田うめ:津田梅子(つだ うめこ)、満6歳、旧幕臣・津田仙の娘。
    山川捨松(やまかわ すてまつ)、満11歳、会津藩の国家老・山川尚江重固の娘。

外部リンク編集