メインメニューを開く

概要編集

六甲山地の東縦走路上に存在する。山名の由来は、「神が座す磐座(いわくら)」に由来していると言われている。頂上には、小規模な神室が現存している。周囲の植生の為、頂上からの展望はない。

関連項目編集

アクセス編集

参考文献編集

  • 玉起彰三『六甲山博物誌』(神戸新聞総合出版センター)

外部リンク編集