メインメニューを開く

岩元禧

岩元禧

岩元 禧(いわもと き、1879年明治12年)7月2日[1] - 1944年(昭和19年))は、日本内務官僚。官選沖縄県知事鹿児島市長

目次

経歴編集

鹿児島県出身。士族の四男として生まれる。第七高等学校の第1回卒業生。1908年(明治41年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、同年に高等文官試験に合格した[2]内務省に入り、千葉県属、秋田県事務官神奈川県理事官視学官香川県警察部長島根県内務部長、茨城県内務部長を歴任[1][2]1923年大正12年)から翌年まで沖縄県知事を務めた。1926年(大正15年)6月23日、休職満期となり退官した[3]

國學院大學皇典講究所専務理事を経て、1933年(昭和8年)から1936年(昭和11年)まで第10代鹿児島市長を務めた。

著書編集

  • 『皇祖発祥聖蹟』(1940年、鹿児島史談会)

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b 『人事興信録 第5版』
  2. ^ a b 『人事興信録 第10版』
  3. ^ 『官報』第4152号、大正15年6月26日。

参考文献編集

  • 高橋英夫『偉大なる暗闇 師岩元禎と弟子たち』新潮社1984年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第10版(上)』 人事興信所、1934年


公職
先代:
樺山可也
  鹿児島市長
10代:1933 - 1936
次代:
伊地知四郎