メインメニューを開く

岩城 宣隆(いわき のぶたか)は、江戸時代初期の大名出羽亀田藩2代藩主。久保田藩士多賀谷家初代。

 
岩城宣隆
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正12年(1584年
死没 寛文12年8月27日1672年10月17日[1]
改名 彦太郎(幼名)→多賀谷宣家→佐竹宣家→岩城宣家→宣隆
戒名 円通院殿月宮観心大居士[2][1]
墓所 秋田県由利本荘市岩城赤平の竜門寺[1][2]
官位 従五位下但馬[1][2]
幕府 江戸幕府
主君 佐竹義宣徳川家光家綱
出羽亀田藩
氏族 佐竹氏多賀谷氏→佐竹氏→岩城氏
父母 父:佐竹義重、母:宝寿院(伊達晴宗娘)
養父:小野崎義昌[3]多賀谷重経
兄弟 佐竹義宣蘆名義広
江戸実通室(後高倉永慶室)、貞隆宣隆佐竹義兼佐竹義直
養兄弟:岩城常隆
正室:珪台院(多賀谷重経娘)
継室:顕性院真田信繁五女)
重隆、女子、隆家
養子:多賀谷隆経
テンプレートを表示

生涯編集

天正12年(1584年)、佐竹義重の四男として生まれる。当初は多賀谷重経の養嗣子となり、長兄・義宣より偏諱を受けて多賀谷宣家(たがや のぶいえ)と名乗る。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い後に多賀谷家が改易されたため、実家の佐竹家に戻る。

慶長7年(1602年)、長兄・義宣が出羽への転封となると養父・重経と共にそれに従った[4][5]。久保田藩重臣となると、初め仙北白岩城主、後に山本檜山城主となる。なお、宣家が岩城家を相続した際に、多賀谷家の名跡は佐竹一門・戸村義国の次男・彦太郎隆経が相続した。

寛永5年(1628年)8月、亀田藩主で甥の岩城吉隆(佐竹義隆)が久保田藩主で兄・佐竹義宣の養嗣子となったため、その跡を継いで藩主となる[6]。同年9月19日、江戸幕府2代将軍である徳川秀忠や、その子・家光御目見している[2][7]

寛永11年(1634年)、宣隆に改名する。寛永20年(1643年)、山形藩主・保科正之陸奥国会津藩に転封となる際、戸沢政盛六郷政勝と共に山形城番を務めた[8]検地を行うなどして藩政の基礎を固め、明暦2年(1656年)7月25日に家督を嫡子の重隆に譲って隠居した[2][1]

寛文12年(1672年)、死去。享年89。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『寛政重修諸家譜』
  2. ^ a b c d e 『亀田岩城家譜』
  3. ^ 『常総遺文』
  4. ^ 『史料綜覧』第11編之913 326頁
  5. ^ 重経はその後出羽を去り、近江国彦根藩に向かった。
  6. ^ 当時、甥から叔父への継承(下から上への継承)はあまり歓迎されるものではなかったため、史書においては宣隆は藩主ではなく番代(代つなぎ)の存在となっている。「秋田武鑑」でも息子の重隆が岩城氏の相続者という扱いになっている。
  7. ^ 『佐竹秋田家譜』
  8. ^ 『寛永日記』

出典編集

  • 三浦賢童編 「秋田武鑑 全」(無明堂出版、昭和56年初版、原著は「久保田家中分限帳」の著者)
  • 『円福寺記録』
  • 『常陸名家譜』(多賀谷氏)
  • 『常総遺文』(七 多賀谷系図)
  • 『亀田岩城家譜』
  • 『佐竹秋田家譜』
  • 『寛永日記』
  • 『明正天皇紀』(寛永二十年 自七月二日至同十八日)
  • 寛政重修諸家譜