メインメニューを開く

岩城 景隆(いわき かげたか)は、江戸時代前期の武士出羽国亀田藩3代藩主・岩城重隆の長男。

 
岩城景隆
時代 江戸時代前期
生誕 承応3年(1654年[1]または正保4年(1647年[2]
死没 元禄9年4月18日1696年5月18日[2]
別名 百助→権之助[1][2]
戒名 孤嶽院廓山了然[2]
墓所 秋田県由利本荘市岩城赤平の竜門寺[2]
出羽亀田藩
氏族 岩城氏
父母 父:岩城重隆
兄弟 涼雲院蓮室理清(石川乗政室)[2]景隆
女子、松平清当正室(後柳生俊方継室)、
男子、平次郎、女子
正室:慈光院覚宗玄正小笠原長次娘)[2]
秀隆
テンプレートを表示

重隆の嫡子であったが、素行の悪さから天和2年(1682年)、29歳で廃嫡され幽閉された[3]。元禄9年(1696年)、家臣からの声もあり、重隆は彼を赦免しようとしたが、その直前に死去した。

嫡子の座は、景隆の長男・秀隆が継承した。

脚注編集

  1. ^ a b 『寛政重修諸家譜』
  2. ^ a b c d e f g 『亀田岩城家譜』
  3. ^ 父・重隆と対立したとも。また『寛政重修諸家譜』や『亀田岩城家譜』には「病のため嫡子を辞し」との記述がある。

出典編集