岩城滉一

日本の俳優、タレント (1951-)

岩城 滉一(いわき こういち、: 이와키 고이치, 1951年昭和26年〉3月21日 - )は、日本俳優歌手タレント東京都中野区出身。COUZ所属

いわき こういち
岩城 滉一
生年月日 (1951-03-21) 1951年3月21日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都中野区
国籍 日本の旗 日本[1]
身長 175 cm
血液型 A型
職業 俳優歌手タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1975年 -
配偶者 結城アンナ
事務所 COUZ
主な作品
新幹線大爆破』(1975年)
人間の証明』(1977年)
前略おふくろ様』(1977年)
北の国から』(1981年)
抱きしめたい!』(1988年)
 
受賞
ヨコハマ映画祭
主演男優賞

1986年南へ走れ、海の道を!
テンプレートを表示

経歴 編集

東京都中野区生まれ。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業、帝京大学中退[2]。デビュー前は、舘ひろしとともに原宿表参道を拠点にした硬派バイクチーム「クールス」で副団長を務めていた[3]矢沢永吉がリーダーだったロックバンド「キャロル」の親衛隊として有名となり、キャロルの解散コンサートのDVDは、当時の岩城がキャロルとの出会いを語る場面から始まる。

岩城自身は当時は音楽には全く興味がなく、それまで矢沢永吉も知らなかったと語っており[4]、クールスの選抜メンバーで結成された同名のロックバンド「クールス」が「紫のハイウェイ」でデビューするが、これには参加しなかった[4]。クールス時代にハーレーダビッドソンに乗った姿が『平凡パンチ』と『週刊プレイボーイ』に掲載され、その写真を見た東映に岩城単独で「70万円やるから映画に出ないか」と誘われ、俳優として芸能界にデビューを果たす[5][4]

デビュー作は1975年(昭和50年)の東映新幹線大爆破』(監督・佐藤純弥)である。そして、同年の東映『爆発! 暴走族』(監督・石井輝男)では主演を務めた。

1977年(昭和52年)7月29日に覚せい剤取締法および銃砲刀剣類所持等取締法違反(拳銃所持)で逮捕された[3]。逮捕理由は、前年1976年(昭和51年)12月17日に杉並区の友人宅で住吉会系暴力団組員から買った覚醒剤0.02グラムを使用したため[3]。その暴力団組員と岩城は、安藤昇(元暴力団安藤組組長)が主宰する所属プロダクション「安藤企画」で知り合った[3]。また、その保釈中に改造ピストルを組員に預けたとして、銃刀法違反で再逮捕された。

取調べで岩城は、暴走族時代から付き合いのあったヤクザから、しばしば覚醒剤を入手していたと供述した[3]。この不祥事に伴い、ドラマ『あにき』(TBS)から降板となったが、判決から5ヶ月後に映画『俺達に墓はない』にて復帰[3]。岩城はその後の週刊誌のインタビューでは「シャブを打って何が悪い」と豪語し、反省するそぶりを見せなかった[3]

しかし、その後はアニキと慕っていた松田優作らの支えで次第に更生し、1981年(昭和56年)からは倉本聰脚本のテレビドラマ『北の国から』(フジテレビ系)などの作品に出演[3]。妻の結城アンナとコマーシャルでも共演した。

2003年8月、世田谷区の自宅が競売にかけられ、1億6100万円で落札された[6]

2004年宇崎竜童世良公則とのCM共演をきっかけにして、アコースティックパフォーマンストリオ「GENTLE3」を結成。全国各地でコンサートを行ったほか、ライヴアルバムもリリースした。

2014年に、日本で活動する芸能人で初となる宇宙旅行を行う予定[7]だったが、墜落事故多発の影響で無期限の延期になっている[8]

人物 編集

在日韓国人で民族名は李 光一(イ・グァンイル、이광일)[5]。本人はこのことを隠すことはなく、公言もしている。2017年4月5日、日本に帰化[1]

妻はタレントの結城アンナ(父親は結城司郎次の長男、母親はスウェーデン女性)で、ふたりの間に子供がいる。

喫煙者であり、1日60本は吸っていると公言している。

信仰は本門佛立宗の妙深寺。両親の墓もこの寺にある。

ボランティアで更生保護司を長年の間務めている。

レース活動 編集

30歳で普通自動車免許取得後、1980年よりカーレース参戦開始。全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権全日本F3選手権全日本ツーリングカー選手権などに参戦した。バブル景気全盛期の1990年1991年には国内最高峰のフォーミュラカーレースである全日本F3000選手権に参戦したが、当時は参戦台数も多く、予選通過を果たせたのは1戦のみだった[9]1998年にはフォーミュラ・ニッポン(旧F3000選手権)に田中哲也石川朗を起用して参戦するビーブライズ・レーシングの監督を務めた。

オートバイレースでは鈴鹿8時間耐久ロードレースに『TeamIWAKI』監督として参戦[10]。1997年大会では岩城が「俺にとったら憧れのライダー」と述べるワールドクラスのレーサー辻本聡宗和孝宏のコンビで、HRCのサポートを受けて、ワークススペックのホンダ・RC45という戦闘力の高いマシンでの参戦を実現させた[11]。2000年代以降もチームイワキの選手兼監督として「もて耐(もてぎ耐久レース)」やミニバイクレースなど楽しめるレースに多く出場。2003年には三重県鳥羽市にオートバイミュージアム「モーターサイクルパビリオン コウイチ・イワキ」を開館した[12]が、その後閉館となっている。2007年の鈴鹿8時間耐久レースでは名誉顧問を務めた[3]。レース専門誌などでも、参戦する際の車検の仕組みや煩雑なエントリー手続きに関して「もっと参加しやすい環境」を作るための提言を数多く行っており、2020年代以降も全日本ロードレース選手権に出場する51GARAGE NITRO RACINGに世界的レーサーである芳賀紀行、宗和孝宏と共にチーム首脳として深く関わり、阿部恵斗など若手ロードレーサーの支援をしている。

本格的なレース参戦の他、自動車・二輪車に対する理解・認知度向上のための活動も多く、2007年11月に三宅島の復興イベント「チャレンジ三宅島'07モーターサイクルフェスティバル」に出演[注 1]、2012年11月のJAFグランプリ 富士スプリントカップで行われたレジェンドカップに参加した。

出演 編集

テレビドラマ 編集

ウェブドラマ 編集

  • ROAD TO EDEN(2017年10月 - 12月、フジテレビオンデマンド、2018年1月 - 、フジテレビ) - タオ 役

映画 編集

Vシネマ 編集

  • ベレッタM92F 凶弾(1990年、東映ビデオ) - 主演・沢村和彦 役
  • 新・男樹1・2(1997年) - 村田京介 役
  • 示談屋(2000年、ミュージアム) - 主演・川津大輔(示談屋) 役
  • 疵と掟 シリーズ(2018年 - 2019年)全5作 - 安斉組組長 安斉尊 役

舞台 編集

  • ろまんす

劇場アニメ 編集

ゲーム 編集

バラエティ 編集

紀行番組 編集

  • 絶対みたい“世界遺産”最強ツアー! 〜朝日のナポリ旧市街から 夕陽に輝くアルハンブラ宮殿までの絶景旅!〜(BS日テレ、2014年3月9日)

CM 編集

ディスコグラフィ 編集

シングル 編集

発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1975年 A面 可愛いぜ たかたかし 鈴木邦彦 高田弘 BS-1980
B面 流れ星のブルース
1976年 A面 傷あと 中山大三郎 平尾昌晃 あかのたちお GK-34
B面 むなしさ 荒木一郎
1977年1月21日 A面 おもかげ 山口洋子 浜圭介 竜崎孝路 GK-75
B面 さよならだけが人生さ 竜崎孝路
1977年5月21日 A面 恋酔狂 島武実 宇崎竜童 高田弘 GK-95
B面 流れ星のブルース 宇崎竜童
トリオレコード
1978年8月25日 A面 センチメンタル・ハーバー 宇崎竜童 EDISON 3B-138
B面 サード・ブギ 島武実 水谷公生
1978年11月25日 A
スリリング 島武実 宇崎竜童 チト河内 3B-148
B面 レディー・ジェーン 宇崎竜童
1979年5月25日 A面 旅人の唄 阿久悠 川口真 渡辺茂樹 3B-155
B面 したたかな人生 斉門はし羅
1979年10月5日 A面 ロッキー2 愛は魂 荒木とよひさ B.CONTI 丸山雅仁 3B-163
B面 (インストゥルメンタル)
1980年4月25日 A面 かなしみ遊戯 松本隆 西島美恵子 チト河内 3B-173
B面 フェイド・アウト 斉門はし羅
キティレコード
1985年3月1日 A面 笑い話 篠塚満由美 中村裕介 奥慶一 7DS-0088
B面 悪戯に
ポニーキャニオン
1987年4月21日 A面 ローリング・ライフ 売野雅勇 シミズヤスオ 7A-0715
B面 Surrender シミズヤスオ
1987年4月21日 A面 ほっとけない 松井五郎 井上大輔 船山基紀 7A-0799
B面 胸に揺れるSomeday
1988年11月21日 A面 あきらめる シミズヤスオ 7A-0846
B面 DAY BREAK〜夜明け前に〜 SHOW 都志見隆 シミズヤスオ
1988年 A面 雨の匂い 君の香り 澤地隆 羽田一郎 シミズヤスオ 7A-0888
S10A0158
B面 ジプシー・ウーマン 夢見子 シミズヤスオ
1989年10月21日 A面 TABOO PCDA-00014
B面 ラストダンス

アルバム 編集

オリジナル・アルバム 編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
キングレコード
1975年2月5日 あいつと俺のブルース LP SKA-140
2001年11月7日 CD KICS-914
1977年1月21日 おもかげ LP SKA-175
トリオレコード
1978年7月25日 TURNING POINT LP 3B-1015
1992年8月25日 CD TKCA-30669
2004年12月22日 CD ABCS-85
1978年11月25日 LIVE AND LET DIE LP 3B-1021
1988年10月21日 CD 32RR-1001
2004年12月22日 CD ABCS-86
1979年7月5日 DESTINY 時のままに流されて LP 3B-1028
1988年10月21日 CD 32RR-1002
2004年12月22日 CD ABCS-87
1980年2月25日 東京24 LP 3B-1030
1988年10月21日 CD 32RR-1003
2005年1月26日 CD ABCS-88
1980年10月25日 HUNTER 心寂しき狩人 LP 3B-1033
1988年10月21日 CD 32RR-1004
2005年1月26日 CD ABCS-89
ポリドールレコード
1985年4月25日 RISKY SPICE リスキー・スパイス LP 28MS-0076
1985年4月25日 CD H33K-20006
ポニーキャニオン
1987年5月21日 EYE TALK LP C28A-0567
1987年5月21日 CD D32A-0285
1988年5月21日 JUSTいいんじゃない LP C28A-0640
1988年5月21日 CD D32A-0365
1990年5月21日 CITY LIGHTS SERENDE CD PCCA-00086
1992年11月20日 洒落人浪漫 CD PCCA-00409

ベストアルバム 編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
1987年6月21日 ベスト・アルバム CD BY32-36
1992年9月26日 全曲集 CD KICX-2084
2002年2月21日 ベスト撰集 CD EWCC-86039
2005年1月26日 真夜中のヒーロー CD ABCS-90
2015年7月29日 ロックンロール・アルバム スリリング CD CDSOL-1672
2018年7月4日 ロックンロール・アルバム スリリング CD UVPR-10009
2019年6月12日 ゴールデン☆ベスト トリオ・イヤーズ CD CDSOL-1849
2020年7月8日 ゴールデン☆ベスト トリオ・イヤーズ CD UVPR-30007

レース戦歴 編集

全日本耐久選手権 編集

所属チーム コ.ドライバー 使用車両 タイヤ クラス 1 2 3 4 順位 ポイント
1984年 XEBEC M.S Team Iwaki 中村正和
土佐隆
MCS・グッピー/トヨタ D C2 SUZ
SUZ
FSW
Ret
エンケイ タクサバンナ 飯田薫 マツダ・サバンナ Gr.A TSU
5

全日本ツーリングカー選手権 編集

チーム コ.ドライバー 使用車両 タイヤ クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1985年 ウェッズスポーツ 山本郁二
本間優二 (R.3)
フォルクスワーゲン・シロッコ E53 Div.2 SUG
Ret
TSU
3
NIS
1
SUZ
Ret
FSW
Ret
1986年 クラリオンRacing I.サンチェス
黒木健次 (R.5)
日産・スカイライン DR30 D Div.3 NIS SUG TSU
9
SEN
7
FSW
Ret
SUZ

全日本フォーミュラ3選手権 編集

チーム シャシー エンジン タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1986年 John Casablanca VW ラルト・RT30 VW・GX D SUZ FSW
19
SUZ
Ret
TSU
14
NIS
Ret
TSU
13
SEN SUZ
18
SUZ
24
NC 0
1987年 レイトンスポーツクラブ Kent's ラルト・RT31 D SUZ
TSU
FSW
SUZ
SUG
Ret
SEN
16
NIS
Ret
TSU
16
SUZ
14
SUZ
15
NC 0

全日本F3000選手権 編集

チーム シャシー エンジン タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1990年 MEITEC Team IWAKI ローラ・T89/50 無限・MF308 D SUZ
DNQ
MIN
DNQ
NC 0
ローラ・T90/50 FSW
Ret
SUZ
DNQ
SUG
DNQ
FSW
DNQ
FSW
DNQ
SUZ
DNQ
FSW
DNQ
SUZ
DNQ
1991年 K's GAME Team IWAKI ローラ・T91/50 D SUZ
DNQ
AUT FSW
DSQ
MIN SUZ SUG FSW SUZ FSW
C
SUZ FSW NC 0

Team IWAKI 編集

鈴鹿8時間耐久オートバイレース 編集

車番 ライダー エントラント マシン 予選順位/タイム 決勝順位 周回数
1988 30 金海相五
Jeff Heino (USA)
Team IWAKI SANSEI R ホンダ・VFR750R / RC30 37 / 2'__"___ 34位 175
1991 32 多田喜代一
James Knight (AUS)
K's Garage & 月木レーシング カワサキ・ZXR750R 39 / 2'19"655 37位 146
1992 47 Jason Pridmore (USA)
Tommy Lynch (USA)
39 / 2'16"984 41位 174
1993 16 Scott Zampach (AUS)
Mike Hale (USA)
カワサキ・ゼファー 59 / 2'28"134 Ret 154
17 今井伸一朗
ロバート・フィリス (AUS)
カワサキ・ZXR750R 20 / 2'17"061 Ret 18
1995 105 今井伸一朗
佐藤幹
Team IWAKI K's Garage カワサキ・ZXR750R 24 / 2'15"676 21位 201
1996 106 鶴田竜二
宮崎祥司
カワサキ・ZX-7RR 18 / 2'13"471 Ret 112
1997 41 辻本聡
宗和孝宏
ホンダ・RVF / RC45 15 / 2'11"948 Ret 105
1999 7 宗和孝宏
大島正
Team IWAKI ホンダ・RVF / RC45 17 / 2'13"056 Ret 164
2002 30 辻本聡
高橋裕紀
ホンダ・VTR1000 SP2 11 / 2'09"555 30位 200

鈴鹿NK4時間耐久オートバイレース 編集

車番 ライダー エントラント マシン 予選順位/タイム 決勝順位 周回数
1994 59 佐藤幹
岩城滉一
K's & 月木レーシング カワサキ・ZRX 18 / 2'30"569 Ret 9
24 今井伸一朗
木村一八
カワサキ・ゼファー 47 / 2'33"127 Ret 49

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ その際、東京都が村に交付した補助金の中から三宅島スポーツ振興会が出演料として1千万円の出演料(タレント費として)を支払ったことが共産党都議団の調査により明らかになった(“三宅島:復興イベント参加の岩城滉一さんにギャラ1千万円”. 毎日新聞. (2008年10月10日). オリジナルの2008年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012025228/http://mainichi.jp/select/today/news/20081010k0000m040110000c.html 

出典 編集

  1. ^ a b 平成29年法務省告示第179号
    官報平成29年4月5日 本紙第6992号
  2. ^ 岩城滉一 大事故を経験してもレースに携わり続ける理由 NEWSポストセブン(BIGLOBEニュース) 2016年6月24日
  3. ^ a b c d e f g h i 「大麻・薬物に溺れた者たち――岩城滉一」(芸能人犯罪 & 2012-09, p. 28)
  4. ^ a b c 「私の地図 岩城滉一」(週刊現代 2013年3月9日号)p.82
  5. ^ a b 『シネマ個性派ランド』、キネマ旬報社・編、1981年、37-39頁
  6. ^ ZAKZAK 2003年8月 「岩城滉一の豪邸、結局1億6100万円で落札」
  7. ^ 岩城滉一、14年に宇宙飛行挑戦「地球は青かったって言いたい」”. ORICON STYLE (2013年4月18日). 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ 岩城滉一、墜落事故多発で“宇宙旅行”延期「しばらくはない」(オリコンスタイル)
  9. ^ JAF ドライバー詳細
  10. ^ 1997Suzuka Grid鈴鹿サーキット公式
  11. ^ もて耐に見たチームイワキの本気 東京中日スポーツ 2016年8月29日
  12. ^ Club BMW東海"鳥羽パールロード"2003年4月6日.(2011年4月24日閲覧。)
  13. ^ “『スタンドUPスタート』佐野史郎、岩城滉一、大友康平、川田広樹ら参戦”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年3月1日). https://news.mynavi.jp/article/20230301-2604091/ 2023年3月1日閲覧。 
  14. ^ “岩城滉一が高月彩良に水泳を教わる、主演映画「ラストターン」来年公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年9月29日). https://natalie.mu/eiga/news/542939 2023年9月29日閲覧。 
  15. ^ 「今月の広告批評 / S」『広告批評』第149号、マドラ出版、1992年4月1日、116 - 117頁、NDLJP:1853115/60 

参考文献 編集

  • 『日本のタブー――芸能人・有名人が過去に起こした犯罪&事件』ミリオン出版〈ミリオンムック67〉、2012年9月。ISBN 978-4813066675 

外部リンク 編集