メインメニューを開く

岩城 滉一(いわき こういち、1951年3月21日 - )は、日本俳優東京都中野区出身。朝鮮系日本人で民族名は李 光一[2]。本人はこのことを隠すことはなく公言もしている。2017年4月5日、日本に帰化[1]A-team所属[2]。妻はタレントの結城アンナで、ふたりの間に子供がいる。

いわき こういち
岩城 滉一
生年月日 (1951-03-21) 1951年3月21日(68歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都中野区
国籍 日本の旗 日本[1]
身長 175 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1975年 -
配偶者 結城アンナ
事務所 A-team
主な作品
新幹線大爆破』(1975年
人間の証明』(1977年)
前略おふくろ様』(1977年)
北の国から』(1981年)
抱きしめたい!』(1988年)
テンプレートを表示

信仰は本門佛立宗の妙深寺。両親の墓もこのお寺にある。

経歴編集

東京都中野区生まれ。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業。帝京大学中退[3]。デビュー前は、舘ひろしとともに原宿表参道を拠点にした硬派バイクチーム「クールス」で副団長をしていた[4]矢沢永吉がリーダーだったロックバンド「キャロル」の親衛隊として有名となり、キャロルの解散コンサートのDVDは、当時の岩城がキャロルとの出会いを語る場面からスタートしている。

岩城自身は音楽には全く興味がなく、それまで矢沢永吉も知らなかったと話しており[5]、クールスの選抜メンバーで結成された同名のロックバンド「クールス」が「紫のハイウェイ」でデビューするが、これにも参加しなかった[5]。クールス時代にハーレーダビッドソンに乗った姿が『平凡パンチ』と『週刊プレイボーイ』に掲載され、その写真を見た東映に岩城単独で「70万円やるから映画に出ないか」と誘われて俳優として芸能界にデビューした[2][5]

デビュー作は1975年(昭和50年)の東映新幹線大爆破』(監督・佐藤純弥)である。そして、同年の東映『爆発! 暴走族』(監督・石井輝男)では主演を務めた。

1977年(昭和52年)7月29日に覚せい剤取締法違反、ならびに銃刀法違反拳銃所持)で逮捕された[4]。逮捕理由は、前年1976年(昭和51年)12月17日に杉並区の友人宅で住吉会系暴力団組員から買った覚醒剤0.02グラムを使用したため[4]。その暴力団組員と岩城は、安藤昇(元暴力団安藤組組長)が主宰する所属プロダクション「安藤企画」で知り合った[4]。またその保釈中に改造ピストルを組員に預けたとして、銃刀法違反で再逮捕。

取調べで岩城は、暴走族時代から付き合いのあったヤクザから、しばしば覚醒剤を入手していたと供述した[4]。逮捕により、ドラマ『あにき』(TBS)は降板となったが、判決からわずか5か月で、映画『俺達に墓はない』で復帰した[4]。岩城はその後の週刊誌のインタビューで、「シャブを打って何が悪い」と豪語し反省するそぶりを見せなかった[4]

しかしその後は、アニキと慕っていた松田優作らの支えで次第に更生してゆき、1981年(昭和56年)からは、倉本聰脚本のテレビドラマ『北の国から』(フジテレビ系)などの作品に出演[4]。妻の結城アンナとコマーシャルでも共演した。

2003年8月、世田谷区の自宅が競売にかけられ、1億6100万円で落札された[6]

2004年宇崎竜童世良公則とのCM共演をきっかけにして、アコースティックパフォーマンストリオ「GENTLE3」を結成。全国各地でコンサートを行ったほか、ライヴアルバムもリリースした。

2014年には日本で活動する芸能人で初となる宇宙旅行を行う予定[7]だったが、墜落事故多発のため延期になっている[8]

2017年4月5日、日本に帰化[1]

レーサーの活動編集

30歳で普通自動車免許取得後、1980年よりレースを始め、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権全日本F3選手権全日本ツーリングカー選手権などに参戦した。バブル景気全盛期の1990年1991年には国内最高峰のフォーミュラカーレースだった全日本F3000選手権に参戦したが、当時は参戦台数も多く、予選通過を果たせたのは1戦のみだった[9]

現在はチームイワキの選手兼監督としてバイクレースに出場している。2003年には三重県鳥羽市にバイクミュージアム「モーターサイクルパビリオン コウイチ・イワキ」を開館した[10]が、その後閉館となっている。2007年には鈴鹿8時間耐久ロードレースの名誉顧問に就任した[4]。専門誌などでも、車検や煩雑なエントリー時の手続きに関してもっと参加しやすい環境を作るための提言を数多く行っている。

また自動車レースに関しては2007年11月に三宅島の復興イベント「チャレンジ三宅島'07モーターサイクルフェスティバル」に出演した[11]ほか、2012年11月のJAFグランプリ 富士スプリントカップで行われたレジェンドカップにも参加している。

出演編集

テレビドラマ編集

ウェブドラマ編集

  • ROAD TO EDEN(2017年10月 - 12月、フジテレビオンデマンド、2018年1月 - 、フジテレビ) - タオ 役

映画編集

舞台編集

  • ろまんす

劇場アニメ編集

ゲーム編集

バラエティ編集

紀行番組編集

  • 絶対みたい“世界遺産”最強ツアー! 〜朝日のナポリ旧市街から 夕陽に輝くアルハンブラ宮殿までの絶景旅!〜(BS日テレ、2014年3月9日)

CM編集

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1 1975年 A面 可愛いぜ たかたかし 鈴木邦彦 高田弘 BS-1980
B面 流れ星のブルース
2 1976年 A面 傷あと 中山大三郎 平尾昌晃 あかのたちお GK-34
B面 むなしさ 荒木一郎
3 1977年1月21日 A面 おもかげ 山口洋子 浜圭介 竜崎孝路 GK-75
B面 さよならだけが人生さ 竜崎孝路
4 1977年5月21日 A面 恋酔狂 島武実 宇崎竜童 高田弘 GK-95
B面 流れ星のブルース 宇崎竜童
トリオレコード
5 1978年8月25日 A面 センチメンタル・ハーバー 宇崎竜童 EDISON 3B-138
B面 サード・ブギ 島武実 水谷公生
6 1978年11月25日 A
スリリング 島武実 宇崎竜童 チト河内 3B-148
B面 レディー・ジェーン 宇崎竜童
7 1979年5月25日 A面 旅人の唄 阿久悠 川口真 渡辺茂樹 3B-155
B面 したたかな人生 斉門はし羅
8 1979年10月5日 A面 ロッキー2 愛は魂 荒木とよひさ B.CONTI 丸山雅仁 3B-163
B面 (インストゥルメンタル)
9 1980年4月25日 A面 かなしみ遊戯 松本隆 西島美恵子 チト河内 3B-173
B面 フェイド・アウト 斉門はし羅
キティレコード
10 1985年3月1日 A面 笑い話 篠塚真由美 中村裕介 奥慶一 7DS-0088
B面 悪戯に
ポニーキャニオン
11 1987年4月21日 A面 ローリング・ライフ 売野雅勇 シミズヤスオ 7A-0715
B面 Surrender シミズヤスオ
12 1987年4月21日 A面 ほっとけない 松井五郎 井上大輔 船山基紀 7A-0799
B面 胸に揺れるSomeday
13 1988年11月21日 A面 あきらめる シミズヤスオ 7A-0846
B面 DAY BREAK〜夜明け前に〜 SHOW 都志見隆 シミズヤスオ
14 1988年 A面 雨の匂い 君の香り 澤地隆 羽田一郎 シミズヤスオ 7A-0888
S10A0158
B面 ジプシー・ウーマン 夢見子 シミズヤスオ
15 1989年10月21日 A面 TABOO PCDA-00014
B面 ラストダンス

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番
キングレコード
1 1975年2月5日 あいつと俺のブルース SKA-140
2 1977年1月21日 おもかげ SKA-175
トリオレコード
3 1978年7月25日 TURNING POINT 3B-1015
4 1978年11月25日 LIVE AND RED DIE 3B-1021
5 1979年7月5日 DESTINY 時のままに流されて 3B-1028
6 1980年2月25日 東京24 3B-1030
7 1980年10月25日 HUNTER 心寂しき狩人 3B-1033
ポニーキャニオン
8 1987年5月21日 EYE TALK C28A-0567
9 1988年5月21日 JUSTいいんじゃない C28A-0640
10 1990年5月21日 CITY LIGHTS SERENDE PCCA-00086

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成29年法務省告示第179号
    官報平成29年4月5日 本紙第6992号
  2. ^ a b c 『シネマ個性派ランド』、キネマ旬報社・編、1981年、37-39頁
  3. ^ 岩城滉一 大事故を経験してもレースに携わり続ける理由 NEWSポストセブン(BIGLOBEニュース) 2016年6月24日
  4. ^ a b c d e f g h i 「大麻・薬物に溺れた者たち――岩城滉一」(芸能人犯罪 & 2012-09, p. 28)
  5. ^ a b c 「私の地図 岩城滉一」(週刊現代 2013年3月9日号)p.82
  6. ^ ZAKZAK 2003年8月 「岩城滉一の豪邸、結局1億6100万円で落札」
  7. ^ 岩城滉一、14年に宇宙飛行挑戦「地球は青かったって言いたい」”. ORICON STYLE (2013年4月18日). 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ 岩城滉一、墜落事故多発で“宇宙旅行”延期「しばらくはない」(オリコンスタイル)
  9. ^ JAF ドライバー詳細
  10. ^ Club BMW東海"鳥羽パールロード"2003年4月6日.(2011年4月24日閲覧。)
  11. ^ その際、東京都が村に交付した補助金の中から三宅島スポーツ振興会が出演料として1千万円の出演料(タレント費として)を支払ったことが共産党都議団の調査により明らかになった(“三宅島:復興イベント参加の岩城滉一さんにギャラ1千万円”. 毎日新聞. (2008年10月10日). オリジナルの2008年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012025228/http://mainichi.jp/select/today/news/20081010k0000m040110000c.html )。

参考文献編集

  • 『日本のタブー――芸能人・有名人が過去に起こした犯罪&事件』 ミリオン出版〈ミリオンムック67〉、2012年9月。ISBN 978-4813066675 

外部リンク編集