岩城 隆彰(いわき たかあき)は、出羽国亀田藩13代(最後の)藩主。維新後は亀田藩知事

 
岩城隆彰
Iwaki Taka'aki.jpg
『武家華族名誉伝 下』
時代 明治時代
生誕 文久3年10月8日1863年11月18日
死没 明治12年(1879年10月15日
改名 亀五郎(幼名)→隆彰
官位 従五位
出羽亀田藩
氏族 堀田氏岩城氏
父母 父:堀田正誠、養父:岩城隆邦
兄弟 隆彰堀田正養正室
養兄弟:隆治(長男)、隆長(三男)、後藤美治室、隆徳
養子:隆治
テンプレートを表示

文久3年(1863年10月8日近江国宮川藩主・堀田正誠の三男として生まれる。明治元年(1868年12月7日戊辰戦争で新政府軍と交戦したため隠居を命じられていた12代藩主・岩城隆邦には、子はおらず他家に養子を求めざるを得なかった。隆邦の実弟・堀田正養は、堀田正誠の婿養子となり宮川藩主となっていたが、正誠没後にその実子である隆彰が生まれた。そうした縁から、隆彰が堀田家から岩城家に養子入りした。

明治2年(1869年3月13日、隆彰は養父・隆邦の隠居により家督を継いだ。6月22日、亀田藩知事に任命されて、7月5日に領地に赴任する許可を得る。8月5日には、従五位に叙任された。明治4年(1871年)7月廃藩置県により、藩知事を免官された。同年9月24日明治天皇に拝謁した。

明治12年(1879年)10月15日、死去。享年17。正室・子女ともになく、岩城家の家督は養父・隆邦の長男・隆治が相続した。

栄典編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『太政官日誌』明治6年、第157号