岩岡ヒサエ

日本の漫画家

岩岡 ヒサエ(いわおか ヒサエ、1976年7月17日[1] - )は、日本の漫画家、元同人作家。女性。千葉県出身[1]

岩岡 ヒサエ
生誕 (1976-07-17) 1976年7月17日(46歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 漫画家
活動期間 2002年 -
ジャンル 青年漫画
代表作土星マンション
孤食ロボット
受賞 アフタヌーン四季賞佳作入選(『ゆめの底』)
テンプレートを表示

略歴編集

女子美術大学洋画科卒業。コンピュータ関係の会社に在籍中、『月刊アフタヌーン』(講談社)に投稿。その後同人作家となる。

2002年に『ゆめの底』でアフタヌーン四季賞佳作入選しデビュー[1]。その後、『しろいくも』で『月刊IKKI』(小学館)第7回イキマンを受賞。

土星マンション』で、第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。女性漫画家の単独受賞としてはこうの史代一色まことに続き3人目である。過去にも同賞の最終選考候補に、2005年度(第9回)の『しろいくも』、2006年度(第10回)の『ゆめの底』、2010年度(第14回)の『星が原あおまんじゅうの森』が選ばれており、ぬいぐるみイラストなど多彩な才能を発揮している。

2009年青木俊直イシデ電志村貴子谷川史子らと同人サークル「腹ペコ戦隊はしレンジャー」を結成した。2017年、『孤食ロボット』がテレビドラマ化された。

作風編集

「幻想的で繊細な絵」と、「確かなテーマのもとに紡がれる物語」が岩岡の魅力とされている[1]

作品リスト編集

イラスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “岩岡ヒサエ”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/1853 2021年7月21日閲覧。 
  2. ^ 「シックス ハーフ」がCookieで完結、岩岡ヒサエ&椎名あゆみの新連載も”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年11月26日). 2017年9月29日閲覧。
  3. ^ “岩岡ヒサエ、星新一の「逃走の道」をボニータでマンガ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年12月6日). https://natalie.mu/comic/news/105109 2021年7月21日閲覧。 
  4. ^ “岩岡ヒサエの読切がグラジャンに、次号で「テラフォーマーズ」橘賢一の新連載始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年7月21日). https://natalie.mu/comic/news/437809 2021年7月21日閲覧。 

外部リンク編集