岩崎 優(いわざき すぐる、1991年6月19日 - )は、阪神タイガースに所属する静岡県清水市(現在の静岡市清水区)出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。

岩崎 優
阪神タイガース #13
2014T67.jpg
2014年5月18日、阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県清水市(現静岡市清水区
生年月日 (1991-06-19) 1991年6月19日(29歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
初出場 2014年4月2日
年俸 8,000万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

 
大学時代(2013年10月21日 明治神宮第二球場にて)

静岡市立清水第四中学校の軟式野球部で野球を始める(後述)[2]と、サッカーの名門で進学校の静岡県立清水東高等学校に進学したが、甲子園球場の全国大会とは縁がなかった[3][4]

国士舘大学への進学後は[5]、チームが東都大学野球の1部リーグに所属していた1年時からベンチ入りを果たすと、2部リーグに所属した2年時以降は救援投手として活躍した[6][7]

2013年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから6巡目で指名[3]。契約金3,000万円、年俸660万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は67

プロ入り後編集

2014年には、二軍の春季安芸キャンプ中に実戦登板で好投を続けたことから、オープン戦の序盤以降に一軍に帯同した。レギュラーシーズンの開幕こそ二軍で迎えたが、4月2日の対中日ドラゴンズ戦(京セラドーム大阪)に先発投手として一軍公式戦に初めて登板すると、5回無失点という内容で初勝利を挙げた[8]。阪神の新人投手が一軍公式戦での初登板で勝利投手になった事例は、2007年小嶋達也以来7年ぶり8人目であった[9]。5月7日の中日戦(ナゴヤドーム)では、同期入団・同学年の梅野隆太郎とのコンビで、阪神の一軍公式戦では2002年安藤優也 - 浅井良以来12年振りの「新人バッテリー」としてプレー[10]。再び梅野とバッテリーを組んだ7月5日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、阪神の一軍公式戦としては1983年御子柴進 - 木戸克彦以来31年振りの「新人バッテリーによる勝利」を挙げた[11]。7月後半からおよそ1ヶ月間の二軍調整を経験したが[12]、一軍公式戦では通算17試合に登板。先発で5勝4敗、防御率3.50を記録した。阪神にドラフト6位以下の順位で入団した新人投手が、一軍公式戦で5勝を挙げた事例は球団史上初めてであった[13]。チームのレギュラーシーズン2位で迎えたポストシーズンでは登板機会がなかったものの、ポストシーズン終了後の11月11日に阪神甲子園球場で開かれた「日本プロ野球80周年記念試合」では、阪神・巨人連合チームの3番手投手として登板(1回2失点で敗戦投手)。11月21日には、推定年俸1,500万円(前年から840万円増)という条件で契約を更改した[14]

2015年には、レギュラーシーズンの開幕から一軍の先発ローテーションに定着[15]。シーズン中盤まで先発を任されたものの、勝利投手の権利を得る目前で制球難や集中打に見舞われるなど調子が安定せず[16][17]5連敗を喫した。その影響で一軍と二軍の往復を繰り返したが、二軍調整中の7月12日には、ウエスタン・リーグの対オリックス・バファローズ戦(阪神鳴尾浜球場)で9回1失点の完投勝利を経験[18]。一軍公式戦でも、シーズン8試合目の先発であった8月9日の対DeNA戦(横浜)で初勝利を挙げると[19]、同月中に3連勝を記録した[20]。一軍公式戦全体では、15試合の先発登板で防御率3.51をマーク[21]。ただし、9月以降に好投しながらも打線の援護に恵まれなかた試合が相次いだ[22][23]こともあって、3勝10敗と大きく負け越した[21]。なお、レギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズ(CS)では、10月10日に読売ジャイアンツ(巨人)とのファーストステージ第1戦(東京ドーム)でプロ入り後初の救援登板を果たした。シーズン終了後に、推定年俸2,000万円(前年から500万円増)という条件で契約を更改[21]

2016年には、春季キャンプ中から背中の張りに悩まされた影響で、レギュラーシーズンを二軍でスタート[24]。5月21日の対広島戦(甲子園)から一軍に合流したものの、先発投手としては、8月末まで13試合の登板で3勝5敗という成績にとどまった。一軍の左腕救援陣に故障者が続出したことを背景に、9月中旬から中継ぎに転向。転向後の救援登板で好投を続けたことから[25]、シーズン終了後の調整では、中継ぎへの本格的な転向を視野に入れた[26]

2017年には、中継ぎ要員として、入団後初めてシーズンを通して一軍に帯同。高橋聡文桑原謙太朗マルコス・マテオラファエル・ドリスと共に勝ちパターンの一角を担った[27]。9月18日の対広島東洋カープ戦(甲子園)では同点の8回表からシーズン60試合目の登板を果たしたが、2四球を与えた末に1死も取れずに降板。チームが降板の直後に逆転を許したことでシーズン初黒星を喫したほか、広島の2年連続リーグ優勝を確定させた。もっとも、レギュラーシーズンの一軍公式戦では、チームで2番目に多い66試合に登板。4勝1敗15ホールド、防御率2.39という好成績を残した。レギュラーシーズン2位で迎えたCSでは、DeNAとのファーストステージ(甲子園)に中継ぎとして2試合に登板したが、いずれの登板でも失点を記録[28]。チームが同ステージで敗退した後に、推定年俸4,500万円(前年から2,000万円増)という条件で契約を更改した[29]

2018年には、左腕の先発投手が不足するチーム事情[30]を背景に、状況次第で救援にも先発にも対応できるように春季キャンプから調整[31]。レギュラーシーズンの一軍公式戦では、前年に続いて、中継ぎで60試合以上(61試合)の登板を果たした。もっとも、成績は1勝3敗10ホールド、防御率4.94と前年を下回った[32]ほか、矢野燿大が一軍監督へ就任した秋季キャンプからは先発向けの調整を再開した[33][34][35]。本人曰く「打たれることが多く、悔しいことばかり思い出す不完全燃焼のシーズン」とのこと[32][36]だったが、キャンプの終了後には推定年俸5,000万円(前年から500万円増)という条件で契約を更改した[32]

2019年には、オープン戦中に左肘の張りを訴えた影響で、レギュラーシーズンを二軍でスタート。ウエスタン・リーグの公式戦では、2試合で先発登板を経験した。しかし、4月12日の対中日戦(甲子園)で一軍公式戦でのシーズン初登板を果たして[37]からは、中継ぎに専念した[38]インフルエンザA型へ罹患したことから、5月4日に出場選手登録を抹消[39]。抹消と前後して下半身の故障に見舞われたこともあって[40]、一軍への復帰は6月19日までずれ込んだ[41]。復帰後は中継ぎで登板を重ねると、クローザーのドリスが不調などで登録を抹消された7月中旬頃からは、勝ちパターンでの登板機会が増加[40][42]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦の登板数が48試合と過去2年を下回ったものの、3勝0敗26ホールド、防御率1.01という好成績で、チームの2年振りCS進出に大きく貢献した。特に、6月以降は登板40試合で自責点を5にとどめたほか、7月26日の対巨人戦(東京ドーム)から8月24日の対ヤクルト戦(神宮)まで14試合連続無失点をマーク[43]。チームが最終戦まで広島とCSへの出場権を争った9月には、3連投を含む13試合の登板で防御率0.64を記録した。さらに、10試合に登板した対DeNA戦では、全試合を無失点で凌いでいる[44]。CSでは、DeNAとのファーストステージ(横浜)全3試合と、巨人とのファイナルステージ(東京ドーム)2試合に救援で登板[45]。CS終了後に推定年俸8,000万円(前年から3,000万円増)という条件で契約を更改したこと[46]によって、1990年代以降に新人扱いで阪神へ入団した生え抜きの投手では初めて、入団1年目からの6年連続昇給を確定させた[47][48]

2020年には、春季一軍キャンプの終盤に右足を痛めたため、キャンプ後から二軍で調整。例年より調整のペースが遅れていたものの、当初3月20日に予定されていたレギュラーシーズンの開幕が新型コロナウイルスへの感染拡大の影響でおよそ3ヶ月延期されたことを背景に、開幕1ヶ月前の5月19日から一軍へ合流した[49]。29歳の誕生日であった6月19日に、巨人との開幕戦(東京ドーム)で1点リードの7回裏1死2塁から登板。しかし、吉川尚輝に逆転の2点本塁打を浴びた[50]結果、チームは開幕戦で4年振りに敗れた[51]。7月には11試合の登板で、月間防御率0.84と好調だった。左肘の張りを理由に、同月25日から二軍での再調整を余儀なくされたが[52]、開幕の直後からクローザーを務めるロベルト・スアレスが休養を理由にベンチ入りのメンバーから外れていた9月3日の対ヤクルト戦(甲子園)では、1点リードの9回表からの登板を無失点で凌いだ末に、一軍公式戦での初セーブを挙げた[53]。オフに来季からの背番号を「13」へ変更した[54]

選手としての特徴編集

ゆったりとした球持ちの良い左投スリークォーターから繰り出す最速149km/h[55]のキレのあるストレートが武器。スライダーチェンジアップフォークを投げるが、それら変化球を投げる時もストレートを投げる時と同じ形で投球することができる[56][57]

下半身の粘りを活かした独特の投球フォームは[40]、腕の振りが遅れてくるように見えると評される通り打者に球の出所を見えにくくさせている他[58]、NPB全投手の中でもトップクラスとされる球持ちの良さを生み出している[59]トラックマンによる計測では、実際のストレートの最高球速が149km/hであるのに対し打者の体感速度は156km/hに相当するとされている[59]

大学時代には、3年生の時に東都大学野球2部秋季リーグで防御率0.94(リーグ2位)を記録。また、4年生の時には、シンカーを習得した。2年生からは救援投手としてもリーグ戦で活躍するなど、先発も中継ぎもこなせる順応性も持ち味である[57]

マウンドでは、どのような場面でもポーカーフェイスを貫きながら淡々と投げる[60][58]

人物・エピソード編集

四人兄弟の次男。幼少期に、母親が所属する地元のソフトボールチームで球拾いを経験し、これをきっかけに野球に興味を示すようになった。しかし、成長期における肩の酷使を憂慮した父親の方針で、小学校時代は基礎体力養成を優先するため[4]、野球チームに入らず水泳部で活動した[61]。水泳を通して肩・腕の柔軟な動きを身に付けながら足腰を鍛えた。ちなみに、岩崎自身は平泳ぎを得意にしている[9]

学生時代からプロ野球への志向が強く、清水東高校への在学中には、当時の監督に「プロ野球の世界に行きたい」と宣言[9]。国士舘大学3年生の時には、監督の永田昌弘の勧めで社会人野球へ進むことが内定していたにもかかわらず、監督との面談の席でプロ野球を目指すことを明言した[60]。その一方で、本当に指名されるとは思っておらず、ドラフト当日は寮の部屋でゲームをしていたという[62]。もっとも、ドラフト当日の阪神は当初5選手の指名を予定しており、5巡目では岩崎と同じ左投手の山本翔也を指名していた。その後6巡目時点で他球団が岩崎を指名していなかったことを受け、岩崎を大学3年秋から視察していた中尾孝義スカウト(当時)が佐野仙好統括スカウトと高野栄一球団本部長(当時)に岩崎の指名を進言し、急遽その場で指名が決定されたという[58][63]

苗字の読み「いわき」を「いわき」と間違えられることが多く[64]、大学時代には友人からニックネームとして「いわさき」と呼ばれていた[65]

家族は大のヤクルトファンであったが、岩崎のプロ入りを機に、一家で阪神を応援するようになった。岩崎自身も、阪神主催試合のヒーローインタビューで阪神百貨店から「ヒーロー賞」としてトラッキー(球団のマスコットキャラクター)のぬいぐるみを進呈されるたびに、祖母へ贈っている。岩崎によれば、プレゼントを贈ることが自身の励みになっているという[66]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 阪神 17 17 0 0 0 5 4 0 0 .556 379 90.0 85 6 26 3 4 76 1 0 37 35 3.50 1.23
2015 15 15 0 0 0 3 10 0 0 .231 326 77.0 74 7 19 1 5 57 0 0 39 30 3.51 1.21
2016 16 13 0 0 0 3 5 0 0 .375 319 74.1 73 10 27 0 2 59 3 0 33 30 3.63 1.35
2017 66 0 0 0 0 4 1 0 15 .800 311 71.2 63 2 27 1 5 88 0 0 28 19 2.39 1.26
2018 61 0 0 0 0 1 3 0 10 .250 275 62.0 66 8 25 2 4 70 5 0 37 34 4.94 1.47
2019 48 0 0 0 0 3 0 0 26 1.000 204 53.2 24 5 17 1 3 58 1 0 11 6 1.01 0.76
2020 41 0 0 0 0 5 2 2 17 .714 163 39.2 26 2 15 1 2 37 3 0 9 8 1.82 1.03
NPB:7年 264 45 0 0 0 24 25 2 68 .490 1977 468.1 411 40 156 9 25 445 13 0 194 162 3.11 1.21
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手












2014 阪神 17 4 11 1 0 .938
2015 15 1 10 0 1 1.000
2016 16 3 14 0 2 1.000
2017 66 3 10 0 0 1.000
2018 61 1 9 0 0 1.000
2019 48 1 2 0 0 1.000
2020 41 0 5 1 0 .833
通算 264 13 61 2 3 .974
  • 2020年度シーズン終了時

記録編集

投手記録
打撃記録

背番号編集

  • 67 (2014年 - 2020年)
  • 13 (2021年 - )

登場曲編集

  • 「GO!WAY!」 - 清木場俊介 (2014年)
  • 「ONE」 - 清木場俊介 (2015年 - 2016年)
  • 「Yume Be The Light」 - CTS (2017年 - 2018年)
  • 「long my way」 - 清木場俊介 (2019年)
  • 「アイキャントライ」 - 河野万里奈 (2019年7月23日[67] - )

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2019年12月6日閲覧。
  2. ^ a b “父の教えで小学校では水泳部 阪神ドラ6岩崎は遅咲き強心臓左腕”. スポーツニッポン. (2014年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/11/kiji/K20140111007362470.html 2014年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b “ドラ6岩崎、母校を“野球の清水東”に”. デイリースポーツ. (2013年11月2日). http://www.daily.co.jp/tigers/2013/11/02/0006466129.shtml 2013年11月2日閲覧。 
  4. ^ a b 阪神・岩崎、もがく期間を進化の礎に 「人のために」ストイックに歩む野球人生 スポーツナビ 2018年9月7日
  5. ^ “阪神タイガース・岩崎投手が本学にピッチングマシンを寄贈”. 国士舘大学. (2014年4月28日). http://www.kokushikan.ac.jp/news/details_05846.html 2015年10月10日閲覧。 
  6. ^ 国士舘大学野球部 - 戦歴
  7. ^ “〔プロ野球ドラフト〕岩崎、阪神6位指名”. 静岡新聞. (2013年10月25日). オリジナルの2013年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131103100336/http://www.at-s.com/sports/detail/828833053.html 2014年5月12日閲覧。 
  8. ^ a b “阪神、連敗ストッパーは初登板の岩崎”. デイリースポーツ. (2014年4月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/04/02/0006831353.shtml 2014年4月2日閲覧。 
  9. ^ a b c “阪神ドラフト6位ルーキー岩崎5回無失点の好投”. 日刊スポーツ. (2014年4月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140402-1279426.html 2014年4月2日閲覧。 
  10. ^ “阪神12年ぶり岩崎-梅野の新人バッテリー”. 日刊スポーツ. (2014年5月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140507-1297448.html 2014年5月7日閲覧。 
  11. ^ “和田監督「俺入る前」新人バッテリー勝利”. 日刊スポーツ. (2014年7月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140705-1329434.html 2014年7月6日閲覧。 
  12. ^ “阪神D6・岩崎、先発へ意気込み「低めを意識してがんばります」”. サンケイスポーツ. (2014年9月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140904/tig14090405000004-n1.html 2014年10月8日閲覧。 
  13. ^ “岩崎、鬼門で踏ん張った!虎史上初のD6位男が5勝目!!”. サンケイスポーツ. (2014年9月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140916/tig14091605020010-n1.html 2014年10月8日閲覧。 
  14. ^ “岩崎“下克上”今季虎新人最高アップ率”. デイリースポーツ. (2014年11月21日). http://www.daily.co.jp/tigers/2014/11/22/0007523593.shtml 2014年11月22日閲覧。 
  15. ^ “阪神岩崎 援護直後に4失点「チームに申し訳ない」”. 日刊スポーツ. (2014年11月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1455873.html 2014年11月22日閲覧。 
  16. ^ “阪神岩崎3敗目、突然の制球難で4回降板”. 日刊スポーツ. (2015年5月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1478090.html 2015年10月10日閲覧。 
  17. ^ “阪神・岩崎“あと1人”でKO…第5の男出てこいや!”. スポーツニッポン. (2015年7月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/26/kiji/K20150726010807920.html 2015年10月10日閲覧。 
  18. ^ “阪神岩崎「スタミナをつけないと」2軍でプロ初完投”. 日刊スポーツ. (2015年7月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1506077.html 2015年10月10日閲覧。 
  19. ^ “阪神岩崎 8度目先発でや~っと勝った”. 日刊スポーツ. (2015年8月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1520864.html 2015年10月10日閲覧。 
  20. ^ “阪神・岩崎 初の3連勝!8月に入って安定感抜群”. スポーツニッポン. (2015年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/23/kiji/K20150823010987430.html 2015年10月10日閲覧。 
  21. ^ a b c “阪神・岩崎、500万円増で更改 3勝10敗も「内容を評価」”. スポーツニッポン. (2015年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/06/kiji/K20150906011080600.html 2015年11月18日閲覧。 
  22. ^ “阪神、好投岩崎を見殺し…初回の満塁機生かせず零敗”. スポーツニッポン. (2015年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/06/kiji/K20150906011080600.html 2015年10月10日閲覧。 
  23. ^ “【阪神】岩崎、初の伝統の一戦で9敗目 6回1失点も援護なし”. スポーツ報知. (2015年9月22日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150922-OHT1T50108.html 2015年10月10日閲覧。 
  24. ^ “阪神岩崎ブルペンも背中に張り、開幕ローテ争い脱落”. 日刊スポーツ. (2016年3月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1614851.html 2016年11月14日閲覧。 
  25. ^ “阪神岩崎、V方程式入りへ度胸満点投球「すごい球」”. 日刊スポーツ. (2016年9月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1716669.html 2016年11月14日閲覧。 
  26. ^ “阪神岩崎、来季中継ぎ起用決定的 金本監督進化求む”. 日刊スポーツ. (2016年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1729868.html 2016年11月14日閲覧。 
  27. ^ “阪神・岩崎、クセ者を三者三振!「3人で終われて良かったです」”. サンケイスポーツ. (2017年8月21日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20170821/tig17082105010016-n1.html 2017年12月2日閲覧。 
  28. ^ “岩崎、ロペスに痛恨2ランを被弾 6点差に広がる”. デイリースポーツ. (2017年10月17日). https://www.daily.co.jp/tigers/2017/10/17/0010651979.shtml 2017年12月2日閲覧。 
  29. ^ “阪神岩崎2000万円増 中継ぎで「1年回れた」”. 日刊スポーツ. (2017年12月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712060000473.html 2017年12月9日閲覧。 
  30. ^ “阪神金本監督が岩崎先発復帰構想「枚数が足りない」”. 日刊スポーツ. (2017年11月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711020000355.html 2017年12月9日閲覧。 
  31. ^ “阪神・岩崎、先発適正テスト合格 青木からK「直球で押し込めた」”. 日刊スポーツ. (2018年2月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/25/kiji/20180225s00001173125000c.html 2019年12月6日閲覧。 
  32. ^ a b c 阪神・岩崎、500万円増の5000万円でサイン「不完全燃焼のシーズン」” (日本語). サンケイスポーツ (2018年12月6日). 2019年1月14日閲覧。
  33. ^ 阪神・矢野新監督構想!岩崎は先発再転向、島本&飯田は中継ぎいけるサンケイスポーツ 2018年10月21日
  34. ^ 岩崎、50万増の年俸5000万円で契約更改 来季は先発も視野「Vが目標」 デイリースポーツonline 2018年12月6日
  35. ^ 阪神岩崎「良い場面で」先発&セットアッパー視野 日刊スポーツ 2019年1月16日
  36. ^ 阪神・矢野新監督構想!岩崎は先発再転向、島本&飯田は中継ぎいける” (日本語). サンケイスポーツ (2018年10月21日). 2019年1月14日閲覧。
  37. ^ 阪神、秋山抹消し岩崎が昇格サンケイスポーツ 2019年4月13日
  38. ^ 阪神・岩崎が1軍昇格 貴重な救援左腕 今春から先発調整も Sponichi Annex 2019年4月12日
  39. ^ 阪神・岩貞&岩崎がインフル抹消…高橋遥が5日緊急先発サンケイスポーツ 2019年5月5日
  40. ^ a b c 記者泣かせの“ソルティー”岩崎優 現状に満足しない男の秘めたる思い 文春オンライン 2019年8月17日
  41. ^ 阪神・岩崎、バースデー昇格 メッセを抹消スポーツニッポン 2019年6月19日
  42. ^ 阪神、島本&岩崎が“奮投” 矢野監督も称賛「自分の投球をしてくれた」 Sponichi Annex 2019年9月11日
  43. ^ 阪神「ファンが選ぶ月間MVP」8月は岩崎優、中継ぎで抜群の安定感 Sponichi Annex 2019年9月3日
  44. ^ ミラクルCS進出の阪神 “下剋上”のキーマン・岩崎優” (日本語). BASEBALL KING (2019年9月3日). 2019年10月4日閲覧。
  45. ^ “ラッキーボーイ”北條が痛恨の適時失策 イニングまたぎの岩崎捕まる” (日本語). BASEBALL KING (2019年10月7日). 2019年11月11日閲覧。
  46. ^ 阪神 岩崎、3000万円増の8000万円で更改 48試合登板でCS進出貢献「来年は優勝したい」” (日本語). スポーツニッポン (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  47. ^ 阪神・岩崎 入団から5年連続昇給!年俸5000万円 投手では藪以来も“笑顔なし”” (日本語). スポーツニッポン (2019年12月6日). 2018年12月6日閲覧。
  48. ^ 阪神岩崎3000万円増「真のセットアッパーに」” (日本語). 日刊スポーツ (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  49. ^ 阪神・岩崎 甲子園練習に合流 痛めた右足問題なし「練習の強度を上げていく」” (日本語). スポーツニッポン (2020年5月20日). 2020年9月3日閲覧。
  50. ^ 阪神・岩崎が誕生日に痛恨被弾 吉川尚に右翼席へ運ばれる” (日本語). デイリースポーツ (2020年6月19日). 2020年9月3日閲覧。
  51. ^ 阪神・矢野監督 逆転負けに「オレの責任」岩崎誤算、ボーアも打てず” (日本語). デイリースポーツ (2020年6月19日). 2020年9月3日閲覧。
  52. ^ 阪神 岩崎抹消…セットアッパー痛恨の離脱 中継ぎ陣緊急事態、故障者続発” (日本語). デイリースポーツ (2020年7月26日). 2020年9月3日閲覧。
  53. ^ 阪神・岩崎 プロ初セーブで藤川の凄み痛感「ここでは言い表せないぐらいのものが」” (日本語). スポーツニッポン (2020年9月3日). 2020年9月3日閲覧。
  54. ^ "背番号変更について". 公式サイト. 阪神タイガース. 1 December 2020. 2020年12月1日閲覧
  55. ^ “阪神岩崎149キロストレートで満塁ピンチ断つ”. 日刊スポーツ. (2017年5月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1818387.html 2017年12月2日閲覧。 
  56. ^ 2013年ドラフト 岩崎 優web archive、2016年3月3日) - アーカイブされたコピー”. 2013年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月1日閲覧。
  57. ^ a b ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2013年11月11日号「2013ドラフト総決算号」JANコード:4910204421135
  58. ^ a b c “虎・中尾スカウト独占激白!「他選手見るつもりが岩崎に驚いた」(2/3ページ)”. サンケイスポーツ. (2014年7月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140706/tig14070605000004-n2.html 2014年7月6日閲覧。 
  59. ^ a b 阪神・岩崎、奪三振率のウラに“日本一の称号” 来季、“左腕組”衰退で配置転換 zakzak 2017年12月19日
  60. ^ a b “岩崎、初登板1勝ドラフト6位新人ダメ虎変えた”. サンケイスポーツ. (2014年4月3日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140403/tig14040304390014-n3.html 2014年4月3日閲覧。 
  61. ^ 阪神・岩崎、もがく期間を進化の礎に 「人のために」ストイックに歩む野球人生 スポーツナビ 2018年9月7日
  62. ^ 阪神・岩崎優投手「まさか指名されるとは……」/ドラフト会議 週刊ベースボールONLINE 2018年10月25日
  63. ^ “虎・中尾スカウト独占激白!「他選手見るつもりが岩崎に驚いた」(1/3ページ)”. サンケイスポーツ. (2014年7月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140706/tig14070605000004-n1.html 2014年7月6日閲覧。 
  64. ^ “「いわさき」じゃないぞ!岩崎、新人一番乗りお立ち台宣言”. スポーツニッポン. (2013年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/24/kiji/K20131224007260690.html 2014年5月12日閲覧。 
  65. ^ 阪神・岩崎が“ゆる〜い”質問に全力回答 もらってうれしい差し入れは… Sponichi Annex 2018年10月25日
  66. ^ “安定感増す第5の男!阪神・岩崎、5連敗から大変身“3連笑””. サンケイスポーツ. (2015年8月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150823/tig15082305030013-n3.html 2015年10月10日閲覧。 
  67. ^ 阪神・岩崎の登場曲歌う河野万里奈がエール 「昨年のCSの3者三振のような素晴らしい活躍を」(『スポーツニッポン2020年5月19日付記事)

関連項目編集

外部リンク編集