メインメニューを開く
岩崎勲

岩崎 勲(いわさき いさお、1878年明治11年)2月25日[1]1927年昭和2年)1月18日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。弁護士弁理士

経歴編集

静岡県駿東郡清水町三嶋大社禰宜岩崎元功の長男として生まれる[1]静岡県尋常中学校第一高等学校を経て、1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学仏法科を卒業した[3]。在学中には各大学の同志とともに青年革進協会を組織して、雑誌『革進』の編集主任を務めた[1]。卒業後、高等文官試験に合格したが、官界には入らず弁護士事務所を開いた[1]。弁護士として、東京弁護士会常議員、日本弁護士協会理事を歴任した[1]。その他、日進メリヤス株式会社社長、日本養殖真珠株式会社社長、日本砂利株式会社監査役、渥美養魚株式会社監査役、ヒロネ鉱泉株式会社監査役などを務め、また二条公爵家伊藤銀行などの法律顧問も務めた[1][3][4]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。さらに第13回から第15回まで連続当選を果たした。

1926年大正15年)、松島遊郭疑獄に関わったとして起訴されたが、判決前に病死した。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 大正人名辞典 p.460 1917.
  2. ^ 『官報』第18号、昭和2年1月21日。
  3. ^ a b 代表的人物及事業 1913.
  4. ^ 衆議院要覧 1920.

参考文献編集

  • 『代表的人物及事業』時事通信社、1913年。
  • 五十嵐栄吉『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 『衆議院要覧 下巻 大正九年六月』衆議院事務局、1920年。