メインメニューを開く

岩崎 啓眞(いわさき ひろまさ、1963年 - )は日本プログラマーおよびメディアワークスのゲーム雑誌を中心に活動するライターである。活動の際、「いわさきひろまさ」の表記を使用する場合も多い。

来歴編集

1963年、京都府出身。京都教育大学附属高等学校卒業。1983年、大阪歯科大学に入学し1987年中退[1]

大学在学中の1985年頃からCD-iのシステム設計に携わる(1987年頃まで)。それと前後して『Beep』においてライター活動を開始(ドクトルだみお名義、当初はプログラミング記事だったが、のちにゲームレビューページとなる)。1988年よりハドソンPCエンジンゲームソフト(主にCD-ROM2SUPER CD-ROM²作品)のプログラム・演出を担当する一方で、『マル勝PCエンジン』においてPCエンジンソフトのゲームレビューを担当。現役のプログラマーとしての視点で評価し、シューティングゲームびいきではあったが、辛口の採点を行っていた。

1994年からメディアワークスに活躍の場を移し、『電撃PCエンジン』、『電撃PlayStation』、『電撃王』などでゲームレビューやゲームに関するコラムを担当。また、プログラマーであることから電子出版、オンライン事業の立ち上げなどに関わった[2]

2007年、メディアワークスを退社後、韓国のベンチャー企業でゲーム開発に携わり、2011年8月にはゲームロフトニュージーランド支部へ1年契約で移籍した。数本のスマートフォンゲームの制作に携わったのち、日本へ帰国[3]。2012年12月頃、AppBankGames株式会社へ出向、いくつかのアプリの開発に携わる(2013年10月頃退社)。その後『NAtURAL DOCtRINE』のマルチプレイヤーのバランス調整に携わる(2013年11月~2014年2月)。2014年3月からenishに所属し、2015年7月1日付けで執行役員ゲームデザインディレクターに就任[4]するも、2016年8月退社。2016年8月からはゲームデザインディレクターとして外資ゲーム会社IGGの日本支社G-BOXに在籍している。

エピソード編集

  • 『Beep』の連載記事は当初「ヤタタウォーズ」内のコーナーだった。不遜なキャラクターが一部読者の反感を買い、抗議の手紙が送られることがあったが、それに対して岩崎が大人げなく手紙の誤字をあげつらったため、スタッフに取り押さえられるというシーンが「ヤタタウォーズ」内の漫画で描かれた。
  • 1989年にハドソンで仕事をしていた時期に、PCエンジン版『イースI・II』の移植に関わっていた。この時、テレビ番組『大竹まことのただいま!PCランド』の取材があり、『イースI・II』の開発者としてテレビ出演をしている。ただし岩崎自身は、あくまでPCエンジン版の開発者であり、オリジナルのイースシリーズの開発にはタッチしていない。
しかしPCエンジン版の製作には元日本ファルコムのスタッフである「山根ともお」が「天城秀行」の名義で開発に参加しており、彼は日本ファルコムに在籍時にイースシリーズの製作に関わっていたことから、スタッフレベルではオリジナル版にかかわっている人間は存在する。
  • 天外魔境II』の開発に携わっていた頃の1992年には、再び同番組に取材を受けて開発スタッフの1人としてテレビ出演をした。
  • 1995年、3DOにて発売された『ポリスノーツ パイロットディスク』に出演している。『ポリスノーツ』についてのインタビューを受けており、その様子が動画で収録されている。
  • 自他共に認めるシューティングゲームファンであることから、シューティングゲームのレビューにおいては、他の評者や他のゲームと比べやや甘めの評価を行っていた。もともと評価は高かったものの、PCエンジン版『グラディウスII -GOFERの野望-』を大絶賛していた。
  • PCエンジン版『イースI・II』にて演出を担当。PCエンジン版オリジナル要素として、「会話シーンに女性キャラクターの顔をアップにしたCGを挿入」した。それにより後のPCエンジンソフトの美少女ゲーム路線を確立したと揶揄されることもあったが、その手法は以後の多数のゲームソフトでも利用され、現在では一般的なゲームの表現方法として普及している[5]
  • PCエンジン版『イースI・II』の音楽をCD音源で鳴らし、アレンジを米光亮に依頼することを決めた。FM音源の直接収録も考えたが、『イース』を初めてPCエンジンでプレイするユーザーにオリジナルを聞かせても感動はしないと考え、アレンジ曲に決定した。当時ファルコムのゲームミュージックのアレンジを行っていた難波弘之ではなく、米光が選ばれた理由は、キングレコードのミュージックフロムイースのアレンジに感動したからだと語っている。
  • PCエンジン版『イースI・II』のパスワード入力画面において「いわさきひろまさ」と入力することで、ゲーム内の音楽などを聴くことができる裏技がある。なお、同ゲームのパスワードを使った裏技はスタッフ名を使用していることから、岩崎は公開する気がなかった。しかし、ハドソンが一般に公開したことにより大いに憤っていた。
  • PCエンジン版『ときめきメモリアル』の評価に100点満点を与えた人物として話題に上がることが多いが、正確には総合点としては95点である。岩崎自身も『電撃PCエンジン』1994年12月号掲載の座談会において「これ(『ときめきメモリアル』)に100点つけなかったら、100点つけるゲームないかもしんないなぁと思ったけど、微妙なところで、どうしても100点つかなかったんだよね」と答えている。ただし、項目別評価(グラフィック・サウンド・操作性・ゲームバランス・オリジナリティ・コストパフォーマンス)では全ての項目において満点である「5」を与えていた。また、PCエンジン版『ときめきメモリアル』のレビューを発売前にniftyserveに投稿したことでも有名である。また同ジャンルの同人誌の原案もこのころ始めている。
  • Wikipediaが要求する検証可能性については否定的な観点を持つ一方、PCエンジン版『イースI・II』の制作当時のことをブログに書くようになった理由としても挙げており[6]、またブログ中では当時の版における記述内容への指摘なども行っている。
  • 2016年12月17日、元AppbankGames社長宮川義之に対して名誉毀損で訴訟し、名誉毀損・事実無根・侮蔑表現が認定され、当該記事の削除と謝罪文が掲載されたことが報告[7]された。

関わったゲーム作品編集

関連人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 学歴については岩崎啓眞本人のFacebookページを参照した
  2. ^ 『電撃PlayStation D』などの雑誌付録のCD-ROM製作も担当していた
  3. ^ 海外での活動については、SECCON 2015 x CEDEC CHALLENGE ゲームクラッキング&チートチャレンジ の講師プロフィールを参照した
  4. ^ enishの人事異動…岩崎啓眞氏が執行役員ゲームデザインディレクターに就任 - 2015年6月26日発表
  5. ^ 多摩豊『次世代RPGはこーなる!』(電撃ゲーム文庫、1995年)に「岩崎啓真の演出方法」(pp.85-91)の項目がある
  6. ^ 21年前の事を書いておこうと思ったワケ(Colorful Pieces of Game) - 2010年3月16日
  7. ^ お知らせ。名誉毀損などが認定されました(Colorful Pieces of Game) - 2017年6月17日

参考文献編集

  • PCエンジン版 天外魔境II 卍MARU(発売・発行:ハドソンソフト、マニュアル P.46)
  • 超クソゲー(発行:大田出版、著者:阿部広樹・箭本進一 、P.86 ドキュメント 「ときメモ会議室」)
  • 電撃PCエンジン(1994年12月号 P.175「レビュー委員会SPECIAL座談会II」)

外部リンク編集