メインメニューを開く

岩崎 富士男(いわさき ふじお、1937年または1938年 - 2016年4月9日)は、日本クリエイティブ・ディレクター作詞家。広告業界大手の博報堂関西支社長代理で[1]、その後大阪芸術大学放送学科長として教鞭をとった[2]クロード・Q(クロード・キュー)名義で手掛けたテレビアニメキューティーハニー』の同名オープニング主題歌の作詞で知られる[2]

いわさき ふじお
岩崎 富士男
死没 2016年4月9日
死因 心不全
別名 クロード・Q
出身校 法政大学
職業 クリエイティブ・ディレクター
作詞家
大阪芸術大学放送学科長
著名な実績 パナソニック「光のメニュー」
キューティーハニー」作詞
阪神・淡路大震災の「赤枠の伝言カード」
受賞 カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ

目次

略歴・人物編集

福岡県出身。法政大学卒業後、博報堂にてクリエイティブ・ディレクターとして活躍した。カンヌ国際広告フェスティバルグランプリなど、国際広告賞を多数受賞した[2]。カンヌで受賞した作品は、パナソニックCMで、果物の中で電球が光る「光のメニュー」だった[1][3]

2000年に大阪芸術大学教授となり、学生にコピーライティングなどを指導[3]。2004年に同放送学科長に就任、2006年からは同大図書館長も兼務した[3]

2016年4月9日、心不全のため死去[4]。78歳没。

キューティーハニー編集

博報堂で化粧品のCM案をいくつか作ったところ、その中にあったのが「このごろ流行の“商品名”、こっちを向いてよ“商品名”」というものだったが、結局別の案が採用される。偶然にもそのフレーズが耳に残っていて、アニメの主題歌として使用したいという同僚が現れ、勝手に使ってくれと承諾したところ、『キューティーハニー』の同名主題歌の歌詞として使われた。なお、当初は2番までだったが、後に急遽3番の歌詞が必要になったことを電話口で聞かされ、仕方なくその場で3番の歌詞を作っている。

当初正体が分からなかった頃は、原作者の永井豪か、作曲を手がけ、稀に作詞も手がける渡辺岳夫の偽名ではないかという噂があった[5]

クロード・Qとして他に作詞した作品としては、JR東西線北新地駅に設置されているモニュメント銅像)「キタノザウルス」のテーマ曲「キタノザウルス キ・タ・ノ」(歌:美貴じゅん子)などがある。

博報堂ではアルバイトが禁止されていたため、作詞の権利は全て放棄している。

阪神・淡路大震災の「赤枠の伝言カード」編集

1995年阪神・淡路大震災の避難所で、被災者らが安否を伝えるための、赤い枠の伝言用紙を博報堂関西支社が配布した[1]。岩崎はこの発案者の一人である[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 岩崎富士男氏が死去 「キューティーハニー」主題歌の作詞手掛ける(2016年4月11日)、サンケイスポーツ、2016年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c キューティーハニー主題歌を作詞 岩崎富士男さん死去(2016年4月11日)、朝日新聞、2016年4月11日閲覧。
  3. ^ a b c キューティーハニー主題歌…カンヌ受賞ヒットCM制作、岩崎富士男さん(2011年10月6日)、MSN産経west、pp.1-3、2016年4月11日閲覧。
  4. ^ 作詞家の岩崎富士男氏死去 時事ドットコム 2016年4月11日
  5. ^ 赤星政尚、高橋和光、早川優「第4章 あのテーマソングに隠された裏話ベスト10 48|『キューティーハニー』の謎の作曲者"クロードQ"の正体は?」『懐かしのTVアニメ99の謎〈東映動画 編〉』二見書房、1995年1月25日、ISBN 4-576-94199-2、123頁。