岩崎 武雄(いわさき たけお、1913年11月10日 - 1976年10月20日)は、日本の哲学者ドイツ観念論)。東京大学名誉教授文学部)。

来歴編集

東京出身。東京帝国大学哲学科卒業、1952年、文学博士東京大学)(学位論文カントとドイツ観念論 」)[1]。 1956年、東京大学教授。日本哲学会会長(1973年~1976年)。

略歴編集

著書編集

  • 歴史 理想社, 1947
  • カントとドイツ観念論 有斐閣, 1951
  • 西洋哲学史 有斐閣, 初版1952
  • 弁証法 その批判と展開 東京大学出版会 1954
  • 現代英米哲学の概観と印象 民主教育協会, 1958
  • カント 勁草書房, 1958
  • 現代の人間観 哲学入門 有信堂, 1960 (文化新書)
  • 現代英米の倫理学 勁草書房, 1963 「現代英米哲学入門」講談社学術文庫
  • カント「純粋理性批判」の研究 勁草書房, 1965
  • 哲学のすすめ 講談社現代新書, 1966
  • 倫理学 有斐閣, 1971
  • 正しく考えるために 講談社現代新書, 1972
  • 基本的人権の基礎 富山県教育委員会, 1976
  • 真理論 東京大学出版会, 1976
  • 存在論・実践論 東京大学出版会, 1977
  • カントからヘーゲルへ 東京大学出版会, 1977
  • 岩崎武雄著作集 全10巻 新地書房, 1981-82

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース