メインメニューを開く

岩崎 純孝(いわさき じゅんこう、1901年4月9日 - 1971年2月27日)は、イタリア文学者。

静岡県出身。戸川貞雄の弟[1]東京外国語学校イタリア語科卒。本名は「よしたか」(漢字は同じ)。イタリアのファシズムの台頭に応じてファシズム文学、イタリア文学の翻訳家として活躍。1932年に日本ファシズム連盟を結成した。

戦後は児童文学の再話などを行い、ボッカッチョデカメロン」、ダヌンツィオ「死の勝利」などを訳した。「沙漠の秘密」「馬と少年」などの創作童話も書いた。没後の1988年に、絶版となって久しいボンテンペルリ『わが夢の女』が、ちくま文庫に収められ話題となった(短編集でその1篇「太陽の中の女」が、ちくま文学の森4.おかしい話に所収、新版・ ちくま文庫、2010年)。

著書編集

  • 『死と共に征く』育生社弘道閣(新世代叢書) 1941
  • 『現代のイタリヤ文学』育生社弘道閣(新世代叢書) 1943
  • 『オカッパ太郎モノガタリ』二葉書房 1947
  • ガリレオあかね書房(小学生伝記文庫) 1952
  • 『二億円の勝敗 ダービー秘話』鱒書房 1956
  • 『星姫さま』講談社 1958 (絵本)

翻訳編集

  • セム・ベネェリ『翼』新潮社 (海外文学新選) 1925
  • アルフイエーリ「サウウル」世界戯曲全集 第37巻 近代社世界戯曲全集刊行部 1928
  • ルイジ・ピランデルロ『作者を探す六人の登場人場』世界戯曲全集 第38巻 世界戯曲全集刊行会 1929
  • 死せるパスカル(ピランデルロ)悪の道(デレッダ有島生馬共訳 世界文学全集 第2期 第16 新潮社 1932
  • 『農業の諸問題 ムツソリーニ全集 第7巻』日本評論社 1935
  • グラツィア・デレッダ『愛の封印』山本書店(山本文庫) 1936
  • グラツィア・デレッダ『離婚の後』新世界文学全集 第24巻 河出書房 1940
  • グラツィア・デレッダ『砂漠の中』ノーベル賞文学叢書 第4 今日の問題社 1940
  • マッシモ・ボンテムペッリ『我が夢の女』河出書房 1941
  • ルイーヂ・ピランデルロ『新しき植民地』日本出版社(イタリア文化選書) 1942
  • ヴィンゾ・コミト、ロベルト・グァテッリ『万能の天才 レオナルド・ダ・ヴインチ』坪内章、加茂正一共訳 第一出版協会 1942
  • ルイージ・ピランデッロ『二度死んだ男 故マッティーヤ・パスカル』日本評論社、1942
  • ルイーヂ・ピランデルロ『或る映画技師の手記』今日の問題社(ノーベル賞文学叢書) 1942
  • マリオ・アッペリュウス『灼熱の国々』育生社弘道閣(新日本圏叢書)1943
  • マリオ・カルリ『ムッソリーニの伊太利人』今日の問題社 1943
  • デ・アミーチスクオレ』富士出版 1948
  • コローディピノッキオの冒険』紀元社 1948
  • デュマ鉄仮面』東光出版社(新選世界名作選集)1958
  • ダンヌンツィオ『死の勝利』世界文学全集 河出書房新社 1958
  • A.マンツィ『ビーバーの冒険』あかね書房 1959
  • ファンチュリ『少女リザ・ベッタ』あかね書房(世界児童文学全集)1960
  • 『南欧むかしばなし集』下位英一共訳編 宝文館(少年少女世界むかしばなし全集)1960
  • A.マンツイ『密林の少年』あかね書房 1961
  • ピティグリリ『コカイン 麻薬』世界セクシー文学全集 第5 新流社 1961
  • ピティグリリ『白い粉』新流社 1962
  • エクトル・マロ家なき子』講談社の絵本)1962
  • 『ロビン=フッドの冒険』講談社の絵本)1963
  • ルネ・レッジャーニ『あしたあさって』あかね書房(国際児童文学賞全集)1965
  • ルネ・レッジャーニ『バルドビーノのふしぎな冒険』あかね書房(こども世界の文学)1966
  • 『イタリアのむかし話』研秀出版(母と子の世界むかし話シリーズ)1966
  • L.ウゴリーニ『北極洋のとうぞくカモメ』あかね書房(国際児童文学賞全集)1967
  • ボッカッチオ『デカメロン』世界文学全集 第7 筑摩書房 1967
  • M・アルジルリ『アトミーノは戦争がきらい』講談社(世界の児童文学名作シリーズ)1974

脚注編集